三と参。
松竹座に一日お篭りして来ました。

昼は左袖に居たんですが、こんな時に限って花道ほとんど使わない…orz
正面から観たかったけど、府民枠なので文句は言えず。
割とよく見えはしたんですが、仁左さんの三味線、獅子の出から愛さんに隠れちゃって残念(苦笑)。

まぁ、多分正面に座ってても愛さんの仔獅子しか追ってないっていう自信はあるからいいんだけど、お隣に座してらしたご婦人は仁左さんファンらしかったので(拍手の気合が違った)最後見え難かっただろうなーと。

三津五郎さんは凄く久し振りに拝見したような気がします。
前に見たのってもしかして八十助さんの時?; いやそんなに前じゃないと思うけど…;
凄く楽しい素襖落でした。ほんわかした。

夜はとちりの中央付近、追駈けが長かったけど愛さん近くを歩いてくれました。
前に花形で観た時にはそんな演出無かったような気がしたけど?
仁左さんの貢に秀太郎さんの万野は凄まじいまでにポテンシャルの高次な組合せでした。
舞台に、一つの絵面に三兄弟が揃うということ。
同じく、三従兄弟が揃うということ。

眼福とはこのことか、と。
しかして我當さん、膝が悪いのかな…正座じゃなくて膝立ちだったような。
心配ですね…。


車引きは何というか…愛さんが孤軍奮闘という印象でした(あくまで私見)。
孝太郎さんの桜丸は和事に寄りすぎで線が細すぎるかな…でもこの後の物語を思うと合致してるお役だと思う。
進之介さんは…何故にあんなに何時・どのお役を見ても笑顔過ぎるのだろうか…。
何であんなに紐の結びをガン見して解くのか(済みません、吹きかけたました…だって本当に小さい子が紐解くみたいな動作だったんでorz)?

松王丸ってもちっと翳りが欲しい気がする…寺子屋とは分離して享受すべきなのかな?



皿屋敷は凄く良かったです。
物語的には不条理ですけど、愛さんも孝太郎さんも嵌るお役だったと思います。
三味線やくざも最後泣けた。

…なんか取留めのない感想で済みません;
愛さんの仔獅子が恰好良かったので写真買ってしまったよ…金欠なのにorz
東京での義賢最期が観たいけど、遠いんだよ…また関西で再演しないかな…。

[PR]
by yoiyamigentoukyou | 2011-07-25 23:59 | 能とか狂言とか歌舞伎とか