カテゴリ:The Birthday( 10 )
茹だる狂乱のステップで踊れ 20130928 the birthday
20130928 the birthday BLACK DOCTOR FIGHT AGAIN 12@大阪なんばhatch

※演奏したのを憶えてる曲…モッシュに揉まれてて憶え切れんかったorz
SとR
ゲリラ
オオカミのノド(超久し振りじゃー、滾る! しかしハルキの手許見えんかったorz)
ホロスコープ
Buddy (チバさんの「「久し振り」って言うのを忘れた」ってMC何処だっけ?)
LOVE SICK BABY LOVE SICK
MEXICO EAGLE MUSTARD
ひかり(こっから下、順番違うかも知れん。つか何か足りん…)
レモン(だと思う。綺麗な曲やね)
狂っちゃいないぜ
RED EYE (ハルキ後半、下手に前進してた気がする)
SATURDAY NIGHT KILLER KISS
なぜか今日は
マスカレード
SUPER SUNSHINE
涙がこぼれそう (「ここは難波」だったかな、)
さよなら最終兵器
READY STEADY GO
E/BABY YOU CAN(「何もしてねぇよ」は客歌わせ→「もう一回」で再度客歌う→やっと〆る)
  Nude Rider (かな…多分。モッシュが…)
  ローリン(コールバックあり。本日もハンドマイク。終盤にハルキが下手降臨)
 下手にキュウちゃんかな、ツアT飛んできたです。
 ちなみにチバさん、黒T→ピンクT?に着替えてた。



…3日前までzeppだと思い込んでいた(どっちにしても家から15分だけど)。
そもそも何でzeppじゃ無いのか、と思ってたんですが、さっきネットで振動問題を知った。

確かに暴れられないんじゃライヴ興行し辛いよなぁ;
しかしhatchの呼び込みとか規制退場とか、あんなんだったっけ? 開場10分前に行ったけど何処に並べばいいのかさっぱり過ぎて吃驚。
退場も何で階段封鎖なの?

とまれ本日は先行だけど700番台、普通に柵は埋まってたので最前ブロック後方にて、いつもの通りハルキ延長上の下手側に。
今日は暗転の前に圧縮と流入があり、まぁ楽に開演を迎えられました(去年あたりから他のバンドでも暗転前にこういう動きあるけど何か指示とか出るのかな?)。

本日まったくキュウちゃん見てません。
前半くらいまではフジイさんも見えてましたが中盤のモッシュ洪水ですっかり埋もれてしまい後半チバさんとハルキしか見てません、いつもの通りです。

前半から好きな曲いっぱいで滾る。
でも最後まで希望虚しくstupidもシャチもアリシアも聴けなかった…特に帰宅してから他会場ではstupidやってたと知り悶える…旧曲、好きなの多いんだよ、フジケン申し訳ないけど憶えてくれよ…orz

でもオオカミ聴けたの凄く嬉しかった。
そして会場はモッシュえぐかったorz 楽しいんだけどね、でも小柄ゆえ柵前で雪崩込むの必死で押さえるのキツいっス;
あとダイヴァーも発生…大阪はダイ禁なんだけどなぁ…禁止されてんのV系だけなのか?

新曲「レモン」はなんか、透明感のある曲で。
なんか凄く叙情的。蒼いライティングが本当に似合う。
(そしてこの時、角度と影の出来かたのせいなんだけど、チバの後ろ髪がこう、ちょっとあほ毛みたいに跳ねた部分が何か小さな三角に見えて、「ちょ、チバ、猫耳…っ」と一人心中穏やかで無かった…阿呆だorz でも大半ハルキ見てたんだけどね)


そんな感じで全体的に暴れ系で突き進んだ感じ。
そしてここ暫く完全にプロレス脳だったんでライヴ後に公式見てクアトロサーキットを知る…セキュリティ変えたせいでまさか先行告知のメルマガが弾かれてたとは思いもよらず…申し込めなかったorz もう先行終わってた(屍)。

…一般で取れるかなぁ…無理くさいけど取れたら運ぶと思います。
兎に角半端なく密集凄くて、バテまくりなので落ちます(明日も仕事だしな)。


お疲れ様でした!

[PR]
by yoiyamigentoukyou | 2013-09-29 02:18 | The Birthday
痛みの向こうにある平穏を希求する 20121130 The Birthday@Zepp難波
20121130 The Birthday@Zepp難波


浪花BOY…どうだろ、漢字当てるならこっちなのかしら、難波。
更地から建設される様子を毎日眺めてた(出勤路なんで)けど入場したのは今回が初めてのZepp難波。


キュウちゃんも眺めがいいとか何か言いつつも「(Zeppは)何処も似たようなもの」とか言ってましたが個人的には何となくZepp大阪よりも四角い印象。
しかしご近所さんの為+番号悪かったので家を出たのは17:45…到着後もそんなに待つことなく入場出来ました。

寒いけど、大阪時代よりも風当たりはマイルド。
しかして本日完全に失念してロッカー代を忘れて運んでしまった為にジャケ持込での参加になってしまいましたorz


普段よりは後方に居たんだけど、それでもフロア全体の半分よりは前方に居たんで、物凄く邪魔な痛客になってたと思われます…本当に申し訳無かったです。

明日のムックさんはちゃんとロッカーに突っ込みます…番号も若いし(今日より1000番は若い)、早めに行くし。
そんなこんなで多分なセトリ。
実はYUYAKEが苦手なんですが…盛り上がるのよなぁ…

個人的にはそろそろ初期曲も欲しいデス…JOINまた聴きたい。白い蛇前後篇も是非通しで聴いてみたいっス。
オオカミも聴きたいなー…



黒いレイディー
ゲリラ (これ始まりかと思ってたんだけどな…予想では)
Buddy
ROKA (次のと逆かも知れん)
Riot Night Serenade
KICKING YOU (ハルキのベース捌きを堪能。しかし生だと一層前奏がGWD…)
ホロスコープ (大好きなので嬉しかった)
YUYAKE (「今日夕焼け見た?」「(客の反応はマチマチだったが何か聞こえたのだろう、多分)嘘付け」とかいうチバMC)
ALRIGHT (想定してなかったから滾った。でも中盤のプレイには似合わない気が)
爪痕
Red Eye (ビールは無かったがご馳っス)
カレンダーガール
PINK PANTHER (終わった後のインターバルでかな、後方から「俺は好きよ チバのそのセンス」とかコールしてる人居て笑ろた)
SPACIA (インスト恰好良いよなー、バスデは)
LOVE SICK BABY LOVE SICK  
LOOSE MEN
BECAUSE (なんかこの辺他にもあった気がするけど判らん)
STORM
なぜか今日は (この辺り余りにも曲が続くのでアンコ無しなのか?とか思いながら見てた)
さよなら最終兵器 (物凄く楽しかった。やっぱ好い歌詞だな)
E/泥棒サンタ天国 (前にクアトロで聴いたのと何か違う気がする…)
 涙がこぼれそう (「ここは大阪だー」とか何か言い回し忘れたけどそんな感じのこと言ってたような)
 ローリン (キュウちゃんが「また来ます」って言ってた。「今年の汚れは今年のうちに」はここかな、アンコの最初の時かな;)
(ハルキ前奏で前進してたのってローリン? チバのタンバリンは何処だ?)
(チバさん、最後に「明日も色々頑張れ」みたいなコト言って去って行った…大掃除しろってコトなのか?)

 
何の曲か忘れたけど、最後の締めを歌うのをチバが止めたので、困惑風に合唱が入って、それを受けてちゃんと締めたのがあったけど。夕焼けかな?
最近のチバさんは掛け合いとか多いよね。でも今日音響良くなかったのかイマイチ合唱とかも聴こえず。ついでに終盤辺りのチバのマイクもハウリング起きてたのかやけに甲高かった箇所が散見。

チバさん最初レイバンかな、黒眼鏡のまま2,3曲歌ってた気がする。ローリンのコールバックとかは短めだった。
ハルキは前のクアトロの時よりも笑顔少なめ…中盤過ぎからちょっとキツそうに見えたけど気のせいかも。上手側は知らん。


取敢えずお疲れ様でした!

[PR]
by yoiyamigentoukyou | 2012-12-01 02:28 | The Birthday
エレクロトブルーの闇を泳ぐ 20120420 QuattroxQuattro@梅田クアトロ 
20120420 The Birthday QuattroxQuattro@梅田クアトロ


天候も何とか曇天レベルで収まったので相も変わらず自転車漕いで逢いに行ったよ梅田クアトロまで。

元映画館の室内を活かした造りだけに、黒い。
床板まで黒い。心斎橋時代はウッディなナチュラル色だっただけに衝撃の変化でしたが、何よりステージが高くなったのが嬉しい。兎に角見やすい。

…まぁ、心斎橋時代の持ってた独特感というか、「何故こんなトコに柱?」的な味わいの無い、至ってシンプルな小屋になったという印象ですが。
でも通路の階段に電飾とか、やっぱ普通じゃないか(まぁ映画館だったしな)。



110番台でしたし、何より暖かくなりましたから!
職場環境的に風邪はNGだったので冬場のライヴは大人しくしてましたが、もう汗まみれでチャリ全力疾走で帰宅しても風邪引かないもん。
ガチで堪能する気で行きました、ハルキ前2列目。いつもの通り、私の視界にはチバとハルキしか入ってません(フジイさんも見えてはいたけどね、何か凄く穏やかな眠りそうな表情でガツガツ弾いてて吃驚する…)。

19:08くらいの開始、21:05くらいの終演。
開始5分前くらいに何故かチバのマイクスタンドの変更があった。もっと早くにしろよ、とか思った(設営時には不具合無かったのか?)。

チバ、最初グラス掛けてた気がするんだが…気のせいだろうか;
黒地に花柄のシャツ、インは黒? 大分と髪伸びましたね。
ハルキはカーキ? グレイ?の繋ぎで、右の腰っつーか尻っつーかにThe Birthdayって刺繍入ってた。しかし細いな…


何から始めるのか、と思ってたら新曲ROKAでした。
開演直前に当券客の入場があったのかスタから詰める指示が入ってガーっと圧縮したので1曲目は動き難い…まぁ2列目なんてどうしたって動けんけどな;
チビなので3列~5列目に入ると酸欠で地獄ですが、2列目は空気はあるので平気。

とまれ、半分くらいチバを、残り半分でハルキの手許とか指捌きとかしか見てないので(もうね、本当にハルキのベース演奏、好きなんです)レポにもならない備忘録です。



ROKA
ホロスコープ
Buddy
SとR
 

(インターバルで「梅田クアトロ、誕生日おめでとうございます」とか何とかキュウちゃん言ってたような)
(客からのコールに応えて「柱がないですね」とか言ってた。キュウちゃんも髪伸びてたのだろうか、モヒカンがちょっともさってたような?)

マディキャットブルース
SATURDAY NIGHT KILLER KISS
PARTY PEOPLE
 (この曲か自信ないけどハルキが下手で前進)
ビート
LOVERS  
あの娘のスーツケース
 (前奏でかな、ハルキがセンター前進。替えは「クアトロは好き」)
Red Eye  (ビールは無かったが良かった。見応えたっぷりのご馳走曲)
I'm just a dog
春雷
なぜか今日は
さよなら最終兵器
 (曲コール有。タイトルはアレですけど、良い曲だと思う、生きている、ということに対しての真摯さが歌詞にあった気がする…次曲後半で全部飛んだが;)
泥棒サンタ天国  (曲コール有。転調からの真っ赤な照明で延々とタイトルを繰り返す…ちょっと吃驚。前半の歌詞は去年盗んだ皿を返すだの、なんか汚しちゃったけどか何だとか言ってた気がする。メロディ自体はかなり好きです、歌詞はもう訳判らんけど)
YUYAKE  (意外にノリ難い…でもダイバー出てたのってこれ?)
OUTLAWⅡ
READY STEADY GO


(結構フジイさんは前進してたんだけど、どの曲でだったかは判んない)
(帽子被ってたよね、カウボーイみたいなハット)
(チバさんご機嫌だったのか、3~4回くらいピック投げてた気がする。中盤くらいで飛ばしたのが凄い奇麗なRを描いていた。何処に落ちたかは知らん)
(本編どっかでストロボ使ってたような? 凄い恰好良かったんだけどどの曲だ?)

E/BABY YOU CAN  (アンコ戻るの早かった。チバ速攻で歌詞飛ばしたらしく「ぺろ」って舌だして”やってもた”ばかりにはにかむ…可愛い。唄わせはいつも通り)
 涙がこぼれそう  (本日も楽しく合唱です)
 ローリン  (チバとキュウちゃんがツアTに着替えてた。ハルキは煙草吹かしたまま登場。前髪掻き揚げながら煙吐いて笑うとか、可愛すぎて悩殺される。下手前進でプレイ有。チバさんもハンドマイクで恒例 謎語のコール&レスポンス。あと物凄く珍しく下手にやって来て煽ってくれた。しかしローリン疲れるorz)

どうでもいいネタですけど、撮影の人がダイブ曲でも最前で作業されてて、蹴られたりしないかちょっとハラハラした…そして受け止めやってたクアトロのスタさんかな? お疲れ様です。


兎に角ハルキが恰好良かったし可愛かったし指弾き素敵すぎたしで半端レポで御免なさい。気を抜くと目ぇ閉じて只管ベース音だけ拾ってる瞬間とかあったりして集中出来てない(なんか出来るだけ細かく覚えようとかレポろうとか無意識に考えるようだ。レポなんてある程度散漫じゃないと書けんし)。

早くアルバム出して、また新しいステージに立ち会いたいです。
クアトロ4箇所ツアに運ばれた皆様、お疲れ様でしたー! 寝る!

[PR]
by yoiyamigentoukyou | 2012-04-21 02:49 | The Birthday
ご機嫌な2時間ばかりの莫迦騒ぎさ
バスデ@Zepp大阪行って来ましたー。
最寄り駅はどっちも大阪マラソンからの帰路の人でごった返してました…お疲れ様です。

大阪マラソン、実は自宅出て直ぐの道路がコースに使われてて(しかも近隣のほとんどが一本向こうの道路を使うと思ってたから当日吃驚した…)、「あー、ウチの近所(ほとんど家の前だが)抜けてったんやんなー」と思うと余計にインテの行列に敬意を示しつつ雨で水溜りの多い路を10cmヒールで闊歩する…


しかしバスデのライヴは2年振りだったけど、音が若かったな(笑)。
2柵取れたんでまったり楽しんでましたが、Wアンコのローリン、余りにもチバが超ご機嫌で(笑)。
あんだけ笑顔振り撒くチバ見るのは初めてかも…とか思うと堪らなくてモッシュやっちゃいました…周辺の方がいい人ばかりで良かった。
しかし…いくら太めのヒールだったとは云え10cmでも暴れられんのか、俺はorz

いい人尽くし、と云えば。
お隣の人がチバのピックを拾われたので、拝見させて頂けましたv
以前物販にあったものの白版? というのかな、貝パールぽい地に白でバンド名。

…つか、近くにモノが飛来する率マジで高いな。
今回2柵に居たんだけどなぁ…


LUST、シルエットの2曲が秀逸でした。
あれは…うん、チバなりの「それでも歩いて行くしかねぇ」っていうコトなのかな…とかちょっと思った。そして全然ハルキ見えなくてションボリした(最前が暴れてるとステージはよく見えるんだがな)。

あと、BABY YOU CANの最後、「何もしてねぇよ」って客に歌わせて〆るのかと思ったら直後にちょっと間が開いて、ぽそっと「…何もしてねぇな」と呟いて。
そっからもう一回「何もしてねぇよ」って自分で歌って〆たのが何か、物凄く重かった…格好良かったんだけどね、凄く。


それにしても照明強めの時にフジイさん見るとちょっとアベを思い出してヤバかった。
まぁほとんどフジイさん見えてなかったけど(普段は上手住民ですが、バスデだけはハルキ前←2柵やけど)。

キュウちゃん喋ってくんなかった。メンバーコールだけだっけ?
あとチバが鳴らなかったブルースハープ客に投げたってネットで見たけどそれは目撃してません…ゲトした人羨ましすぎる!

ま、あれだけご機嫌なチバに逢えただけで運んだ甲斐はありましたけど。
運ばれた皆様、滴るい中お疲れ様でした!





Buddy
ホロスコープ
King Moter Haus
カレンダーガール
シャチ
2秒
愛でぬりつぶせ
SATURDAY NIGHT KILLER KISS
LUST
爪痕
SとR
Red Eye
プレスファクトリー
アウトローII
シルエット
涙がこぼれそう
なぜか今日は
READY STEADY GO
E/I'm just a dog
 BABY YOU CAN
 ローリン

[PR]
by yoiyamigentoukyou | 2011-11-01 00:13 | The Birthday
残暑見舞いかと思いきや
…バスデのメルマガ。
ウチのPC、接続が旧世代なので画像上がるのに時間が掛かる。

一瞬、手の込んだ悪ふざけなのかと思うたよ。
イマイさん脱退かー…お疲れ様でした。
磔磔行った時、真っ赤な携帯でお仕事のお話しながら歩いていたイマイさん。
勇気出して握手ねだれば良かったかな?


しかしてバスデの行く末は如何に。
夏ツア、なんであんなミスしてしまったんやろ; チケも休みも取り忘れてた油断のツケがこんな形で止め刺しに来るとはorz


とまれ、ハルキにおっさん二人任せる(笑)。
次のツアこそ運ぶよ、絶対。





30歳前後ってさ。
絶対に来るんだよね、行くか別れるかの選択が。
外圧にしろ内圧にしろ…己の歩む路を振り返り、どのドアを選ぶか。そういう時期なのでしょう。

私は物凄い対人スキルが低いので、オンオフに限らず「親しくなったけど疎遠になった」人が沢山いる。
どうしても踏み込まれるのが恐いんだな…なので先に先に、どんどん関係の糸を絶ってゆく。特にオンで親しくなった人の方が余計に恐くて逃げてしまう(申し訳ない)

愚弟には「狡猾い」と罵られますが…私的には五体満足な人間が引き篭もる方が「酷い」と思う。なかなか上手くはいかないものです。



しかし…勤務先の親しい人に一気に去られると、何だかとっても寂しいんだぜ?
みんな体に気を付けて、あなたにしか歩めない「路」を、楽しんで歩んでおくれ。

[PR]
by yoiyamigentoukyou | 2010-09-02 03:00 | The Birthday
雪原を砕く跡 0221 The Birthday 38 NIGHT ON FOOL@奈良NEVERLAND
0221 The Birthday 38 NIGHT ON FOOL@奈良NEVERLAND


…疲れました。
想像以上に天井が低かった…笑えるくらいに。背が低いこともあって、見事にメンバー見えなかったという(つか、結局キュウちゃん見れなかったよ;)。

セトリ…何だったけ? シャチが2曲目だったのは覚えてるんだけどな?
アルバム曲は全部やってた。まぼろし始まり? あれ、3曲目だったっけ?

stupidやった。多分、大仏の腹の中。ハコの名では無かった。
アリシアは泥沼チック、か。涙がこぼれそうで合唱。つか、最初の処をチバが歌えとばかりに煽ってて随分化けた曲だなぁ、と。激しかったです、もう途中で酸欠でしゃがみたくなった程に(耐えたけど)。
焦燥もやった。LUCCAもか。

MC…4曲くらい終わった処だったかな、チバさんで。
「奈良には初めて来ました、Birthdayです(あれ、もしかしてキュウちゃんだったのかな?)」
「(客側から「鹿見たー?」「鹿せんべいあげた?」とか矢次早に叫ばれて)…騒がしいね」
「奈良漬の奈良って奈良県のだよね(客からの「それからー?」に応えようとして詰まって笑って誤魔化すチバさん)」

上の奈良漬が気に入ったらしく、アンコの時だったかな、また同じこと言って「それ聴いた」「2回目」とか客に言われて「うるせーぞ、奈良漬!」とか笑ってがなる。

アンコの時、マクドのCM曲のことで。
「未発表のヤツ…、あ違う、もう流れてはいるんだけど、まだ人前では演奏したことのないヤツと2曲やります」
「(北島選手の名前が思い出せなくて客側に教えられて)…そうそう、サブちゃんね」とかオヤジなコトを言ってたり。

本編だっけかアンコか忘れたけど、退ける時に「サンキュー、奈良漬ベイベー!」とか言ってました。どんだけ引っ張るんだ、奈良漬で(笑)!


キュウちゃんは全然見えなかったけど、後半やっとしゃべってくれたー。
「奈良NEVERLANDって、場所変わりましたよね」
「(「駅前ー」という声が)…前の場所にあった時に一回だけ行ったことがあります」
「(「毎日やって」という声に)…うるせぇ、まだ終わってねーっつーの」

あ、結構聴き間違ってると思うので、語尾とかは正確じゃないです。雰囲気的な。

「(「今日もモヒカン決まってるよ」の声に)ありがとうございます」
んで、この時ハルキにも「ハルキ、モヒカンはどう?」と声が掛かって(※ハルキ、てるる…の時なんだろうか、過去にモヒ経験あり)、ぽつり、一言だけだったけど。
「…昔してたよ(してましたよ、だったかも)」って。

ちょ、ハルキの生声、初めて聴いたよ!
今ツアは此処しか行かないんだけど、凄く嬉しかったですよ(ハルキ観たさに途中で上手側3列付近からわざわざ激戦区のセンターに下がったという…センターには猛者が一杯で下手側には抜けられなかった…;)

で、「ハルキもモヒカンやってー」という声にはキュウちゃんが厳かに。
「法律で1バンド1モヒカンと決まってますので」って。受けました。それじゃ仕方ないよね(笑)。


さて、覚えてるMCはこれくらいかな。聴き取れなかったのもあったし。
イマイさんには「今日も渋い」とか、なんかそんな声が掛かってた気がする。
そいえばハルキ、髪短くしたんだね。ちょこっとでも見られて良かったよ…つか、バスデで運んだ中で一番ステージが見えなかったライヴでしたよ。まぁ、これまでが運が良すぎただけだったんだろうけど。

今回はしかし、熱気の凄いハコだったな。
スモークも焚いてたけど、それ以上に気化熱っつーか茹ってたね、人が;
湯気が立ってたし、終演後の足許、都会の道路で雪が解けたみたいな泥濘になってたよ。そんな光景初めて見た…床の材質が珍しいのかな?

しかし同じハコでディルがやるとか鬼すぎる。
行く人、駅にもロッカー20もないし、ハコにもほっとんど無いから気をつけてね。多分また先着順でクローク出すと思うけど。


楽しかったですが、全身ずぶ濡れで帰ると、難波に着いた頃には震えが止まりませんでした…どんだけサウナだったんだか;

運ばれた皆様、お疲れ様でしたー。

[PR]
by yoiyamigentoukyou | 2009-02-22 02:29 | The Birthday
前へ、ずっとずっと先の未知へ The Birthday Black Royal 12 nights@BIG CAT
20080604 The Birthday Black Royal 12 nights@BIG CAT

演奏曲(多分。なんか抜けてる気もする…順番よー判らん)≫
 6つ数えて火をつけろ(新曲)
 モンキーによろしく
 バブスチカ
 NIGHT LINE
(ここまでは確実なはず)
 LUCCA(新曲)
 BABY TONIGHT(「ベイビー、今夜は逃げようぜ!」)
 FUGITIVE
 DISTORTION

 新曲(jonny boyに語り掛けるような曲。[SHINE]?)
 PARTY PEOPLE(新曲。これもコール有り)
 KIKI(タイトルコール有り)
 プレスファクトリー
 シャチ
(どっかでBIG CATって言ってなかったっけ?)
 アリシア(音源通り。最後のラララ、めちゃ長かった。ヘドバンしてごめん)
 E/メキシコ
  stupit
(替えは「BIG CATの腹の中か」)
  新曲(なんか、[涙こぼれそう]? というとか。めさ良い曲)
  ALRIGHT(客電はフェイントか?)


めっさ良いライヴでした!
大猫さー、最前しか柵ないから予測出来なくてかなり後方から観てたんだよねー…結構ストレスだった(贅沢)。つっても中程の位置だったんで、前から12,3列とかかなー?

とまれ4曲目で意識無くして運ばれてた男性居たし、終盤も虚ろな眼差しで下がった女性とか居たから結構前方はヤバかったのかも。個人的にはチバとハルキさえ見えればいい。


・チバMC
「BIG CAT、初めてなんだよね」(客席から「ようこそー」)
「…でっかい猫(笑顔)」

・キュウちゃんMC
「お好み焼き・たこ焼き以外の大阪の食べ物って無いの?」
(客席から「串カツー」「いか焼き(複数)」)
「それも粉モンじゃん」

・衣装
キュウちゃん全く見えなかったんで不明。イマイさんは偶にキャップ被ってた。多分いつもと一緒かと(下手住人なんで判らん)。
チバしゃ黒ジャケ、イン不明。ハルキも黒。つーか二人ともシルエットだと区別付かん(笑)。但し中盤過ぎるとチバさんの髪は汗で巻きが弱まるので差が生じる。


新曲いっぱいのライヴでした。もう一曲くらい新曲あった気もするけど判りません!
限定CDも無事に買えました。つか物販開始の一時間前から張り付いてたんですが、下の階のIDから何回かNOIZのクリップ曲流れてて気になって仕方なかった。

今日聴いた新曲はどれも好きな感じ。来月のミニが楽しみ。
ていうかハルキの成長が楽しくて仕方ない(※ハルキは愚弟と同年齢なので、どうしても心境がオカン目線になる…)。

ハルキ、たまにはハルキコールにも応えておくれ(いや、チラっと視線飛ばしてたけどさ)。「今日はマイクあるよ」とか声掛かってたね。

とまれ今日は何回か只ひたすらにベース音だけを聴いてる瞬間があって、チバの声すら聴こえてない刹那もあって自分で自分に吃驚する(私はムックのゆけさんも結構ベースラインが綺麗だと思ってるけど、それでも見事にウドベ以外聞分け出来ないくらいの楽器音痴だ)。

あと…ALRIGHTの「22発」の意味がやっと判った。帰り掛けてて慌てて戻ったんで凄い遠くから聴いたけど、お客さんで指で「2」を掲げてる人が居て。それ見て「あ、ラヴ&ピースで22か!」と理解した(自己満な、ね)。チバさんの言葉はそういう部分も含めて訴求力があると思う。


取り敢えず、そんな感じ。
もう遅いんで気が向いたら修正しまーす。

[PR]
by yoiyamigentoukyou | 2008-06-05 01:00 | The Birthday
探し物、見付かった? 20071207 The Birthday looking For The Lost Teardrops Tour@Zepp大阪
20071207 The Birthday looking For The Lost Teardrops Tour@Zepp大阪


めさめさ楽しかったです。
思いっきりタックル喰らったけど(苦笑。脇腹に肘鉄も数回、足踏まれたのは無数…);

まだ途中ですが、取り敢えず。


あんなにスカスカのZepp、初めてだ;
それでも整番遅かったから、中に入ったのは実質1000番台くらいだったんだけど(A組300未満、B組400越、C組300? 自分、Cの270番台だったんで最終入場に近かったんですが)、余裕で2柵取れたし。
始まる頃には最前エリアも一杯だったんで、結局何人入ってたのか不明ですが、最前ブロックであれだけのモッシュゾーンが出来るくらいなんだから客入り悪かったんだろうな; 平日だしね、仕方ないのかも。

とまれ、寒すぎ。
だから冬のZepp嫌い。人少ないから整列もないし。冷えが収まらなくて開演待ちの間も鳥肌立ったままでした。

場内は封鎖の扉が多い上にPA以降は完全封鎖(まぁ、キャパの半分ちょいくらいの入りじゃ仕方ないのやも)、ハルキが見たかったので下手側に行ったんですが、開始するなり速攻後悔; 2柵取ったっつーても端っこだったんでスピーカー音直撃で左耳に激痛が走る。

…過去にストレスからとは言え突発性難聴やらかしてるんで、一曲目のタランチュラの間だけ様子見てみたんですが耳鳴りが消えそうに無かったので諦めて柵潜って最前ブロックへ移りました。


多分なセトリ。頭数曲と中盤以降くらいしか合ってないような気配…
タランチュラ
NIGHT LINE
LAZY SUBMARIN
LUST
KIKI
バブスチカ
(ここから数曲、順番違うかも;)
モンキーによろしく
MEXICO
ジェリーの夢
LOVERS
ALRIGHT
プレスファクトリー
BABY TONIGHT
STRIPPER
KAMINARI TODAY
NUDE RIDER
アリシア


E/stupid(MC「サンキュー、ボーイズ」、替え歌詞は「大阪城(と聞こえたが「大阪港」なのかも知れん)」)
 オオカミのノド
 WONDERFUL AMAZING WORLD
(「新曲!」)
 ※ジョン・レノンの作曲らしい、クリスマスソングを少し
 ハレルヤ


KIKIの前にMCがあって。
キュウちゃんが「雨でお足元の悪い中お越し下さり有難うございます」みたいなコトを言ってて。
あれ、雨なんて降ってたっけ? とか一瞬悩んだんですが、「雨降ってるんですよ、今。知ってました?」と続けたのでやっと合点が。傘持って来なかったんだよなぁ…と思ったんですが、終演後は止んでました。

そう言えば開演ちょっと押して、19:36に暗転(ばっちり携帯で確認した)、綺麗に丸二時間後の21:34に終演したのが何か感動でした。

で、KIKIのMCはまだ続くんですが、キュウちゃんの振りをチバさんが引き継いで、「だから、何か…あれじゃない?」「大阪、雨の妖精が降りて来たんじゃない?」って。


KIKI聴くのは一年振りでした。
で、今回のチバさんのデジパー姿は軽く衝撃モノでした…ハルキの方がストレートに近いじゃん(笑)。
似合ってないね、何か…チバさんは短髪か、ちょっと伸びてるくらいのがいいのに。
でもライヴ終盤には汗で濡れてデジパーが弱まったのか、いい感じの緩ウェーヴで、それは似合ってると思いました。

衣装…基本的にみんな黒かった…つか、変わってないような。イマイさん髪切ったのかな? ちょっと短くなってるような気がしたんですが。

アンコールの時かな、結構ピック飛んでた気がする…センターのモッシュエリアに居たせいか、飛ぶ度に人垣が揺れてこけそうで大変でした;

なんつーか、Zeppって結構ステージ広いと思うんですが、何故にあんなに中央にちまーっと寄り添ってアクトするんだろう。もちっと分散してくれると見易いのに; 2柵取った時点で「ハルキの立ち位置って何処やねやろ;」と暗いステージ見つつ首を傾げてたんですが(過去にバスデ観たの、狭いハコばっかだったからなー)。勿体ないっつーか贅沢なステージの使い方ですね。

KIKIの後、「ALRIGHT!」って叫んだように思うんですが、違う曲始まったんで肩透かし喰らった気分でした(つか、例の空耳発動しただけか)。バブスチカ辺りまではハルキ前から7列かそこらで、割とまたーりとステージ見つつ揺れてたんですが、モンキー始まった瞬間から恐ろしい程のモッシュが発生しまして。

…どうでもいいんですが、私を楯に使うのは止めて欲しかった(苦笑)。なんか、物凄い勢いで踊り狂うガタイのいい兄ちゃんが何処からか現れてですね。
見事に跳ね飛ばされました…久し振りにボディに肘鉄入ったね! 勢い殺さずに突進されたね! 自分の倍はあるだろうと思われる体重全部で足踏まれたね(推定十数回)!

酷い混沌化に下がろうとしただけなのにな…勘違いされてしまったのか押し戻されました(切ない)。メキシコとかヌーライ辺りはサークルも発生してたし。…まぁ、私もムカついたんで何回も兄ちゃん達(主に3人)押し戻してやったが。
…下手側だけやったんやろうか? つか、女のコ突き飛ばしてまで踊りたいもんなんかな…後ろにいっぱいスペースあんじゃん!

あー、でも上手側も下がってる人多かったから似たようなもんか…でも流石に肘が顎に入った瞬間だけはキレそうになったが。

プレスは客に歌わせる箇所でチバさん、ちょこっと窺がうように顔をマイクから逸らせて客席見てたように見えた。あんまり声揃わなかったけど; プレスは何か、手扇ぽいね、客の振りが。

LOVERSからALRIGHTへと移る刹那の、あの静寂は良かったなぁ…ほんと、ALRIGHT大好きだ。ちょっと[世界の終わり]に近い…逆の視点ぽいっていうか(上手く言えないけど)。

アリシアは最後の"ラララ"の合唱が長く続いて、なんかちょっとメンバーも嬉しそうに見えた。今日はそのまま"泥沼チック"だったような。

全然違う曲だし歌詞だし、こんなコト言うのは変なんだけど。
アリシア聴いてるとBUCK-TICKの[REVOLVER]と空気っつーか情景? 世界観が重なって視える。あのコの祈りの託された弾切れの空砲を撃つ[REVOLVER]の視界が、アリシアの曲の中の存在と重なって。

でもチバさんの描く情景ってミセルの時から思ってたけど日本じゃないよね。ありふれた情景でも北欧とか幾つかの国が混ざったような視界が浮かぶ。BUCK-TICKさんは逆にアジアだな…あからさまに日本!って感じの歌詞でも東亜って印象がある。
…ムックとか、普通に他の人が歌う曲は日本の情景が浮かぶけどなぁ…ちょっと不思議。



ごめんなさい、時間無くなったのでアンコの様子はまた追記します。




アンコールでチバさん、アルコールの缶持ってました。帰る時も呑みながら去ってったなぁ。
あ、物販で買ったマフラー、普通に通勤にも巻いてます(笑)。ほんと地味に使える。

年明け1/26にちわき姐さんの番組で一部音源ONAIRされるようなんで、聴ける方は是非。ハレルヤやって欲しいなぁ、クリスマスソング付で(無理か;)。

[PR]
by yoiyamigentoukyou | 2007-12-08 02:04 | The Birthday
踊り狂って前進しろ 20070930 The Birthday looking For The Lost Teardrops Tour
20070930 The Birthday looking For The Lost Teardrops Tour@神戸WYNTERLAND

超空調悪(苦笑)、噂以上のサウナっぷり。
自分も大概汗かきですが、来てた客のほとんどが上半身ずぶ濡れでしたよ? チバさんも滝だったけど;


実は今回のアルバム、3回くらいしか聴いてなかったんですが、結構覚えてた。やっと生でオオカミ聴けた! めさ恰好良かった…相変わらず地獄のような押し合いの中で、どうにかこうにか見て来たのですが。

最後尾あたりでまたーり、とか思ってたけど。
ものっそ段差も何もねーハコ。タッパ無い自分にゃ無理、あんなけ背の高い兄ちゃん揃ってる客席だぜ? 諦めて激下手5列くらいに立つ。開演前に2回スタから詰めろ宣言。ついでに前の兄ちゃんが友達呼んだ為に一層壁状態(嫌がらせか?)。
毎度のことですが、何か見掛けが弱そうに見えるせいか、やったら乗られるのな、後ろから。どかないけどね、これでももっと酷い圧迫ヴィジュじゃ受けてるしね(でも肘は止めて、ほんとに苦しい;)。
つーか、下手は直ぐ隣にドリンクバーあったんで、てっきり逆L字(伝わらん;)の感じの鉤型の柵かと思ってたんですよね…アンコールの直前で物凄い押しにあって、逃げてたら何か足許にちょっとした段差があって気付いたらチバとハルキの間2.5列目に居りました…最前柵、一直線だったんすね(結構ステージと間隔あったんやね、吃驚した);

…道理で途中からチバが見えるようになったはずだ(開始直後はハルキだけが辛うじて見えるだけだった)。
チバさん黒のジャケに黒地にちょこっと花の散ったシャツ。開襟してたけど余り肌は見えず(ついでにメダイもあんま見えなかった)。アンコールの時はジャケ脱いでました。後方のお客さんから「チバさんお洒落ー」って声が飛んでました。

イマイさん相変わらずライダース。時々キャップ被ってた。キュウちゃん捌ける時とかアンコールの時にちらっと見えただけで衣装記憶になし。ハルキは腰パンじゃ無くなってた…スーツでしたね。前広げててインのカットソー見えてた。黒なんだけど、襟刳りだけ細く白でラインになってて、センターにちょっと切り込みがあってメダイが揺れてました。アンコールの時は上着だけ脱いでた。

…割と前半の方で誰か霧吹いた気がしたんですが…単に客が頭振った時の水滴を見ただけなんだろうか?


あんまアテにならないような…薄い記憶のセトリ。多分抜けてないとは思う…

 LUST
 バブスチカ
 LOVERS
 オオカミのノド
 プレスファクトリー
(ここ2曲逆かも)
 LAZY SUBMARIN
 シャチ
 STRIPPER
 ジェリーの夢
 タランチュラ
 モンキーによろしく
(ここ2曲も位置怪しい)
 BABY TONIGHT
 ALRIGHT
 NIGHT LINE
 stupid
 アリシア
 KAMINARI TODAY

 E/MEXICO
  NUDE RIDER
  ハレルヤ



丁度、開演前の物販開始の時に会場に着いたんです(話戻りすぎ)。リハの音かな、LAZYのメロディが聴こえてた(ように自分には思われた)。
開始前から圧縮掛かっては居たんですが、それでも暗転すると凄い押し。オオカミ位まで本当にステージ碌に見えなくて(人の頭の隙間から微妙にチバさんの肩だけが見えるとか、ギターだけが見えるとか;)。

LUSTは穏やかな諦観を感じる曲だったので、これで開始っていうのがちょっと驚きでした。そんでもってハルキ。あんなに髪が短くなってるとか思わなくて。

後からインタビュー読んだから、余計に昨年の京都での彼の記憶と較べてしまうからかも知れないけど、ほんと馴染んだなぁって思いました。思えば去年の磔磔、あんなに呆気無くステージから去って行ったのは悩んでたからだったんだ…ってインタ読んで得心したことを不図思い出して。
表情がちゃんと見えるってさ、やっぱ与える印象は相当変わる。音のこと、楽器とか曲のテクニカルなことは判らないけど、やっぱりメンバーが笑顔でない(もしくは良いと思えてない)ライヴって反芻する時凄く苦いから。

だから笑うチバが居る、このバンドはいいんだと思う。
TMGEは今でも好き。それは多分、BUCK-TICKが一番好きだけどそれ以上にLucyが堪らなくイイ、という矛盾と同じなんだと思う(個人的に)。

少し前、聴覚を一時的に失ってしまう前。
私は全然、ライヴには興味のない人間だったし、情報にも貪欲では無かった。だから移籍もあっちゃんの入院とか手術とかも知らなかった(むしろ活動がないことにすら気付いて居なかった)。
空気と一緒だった…在るのが当たり前で。聴覚と一緒でそれが簡単に「無くなる」ものなんだって判らなかった。

いちいち自分の後ろにちゃんと影が出来てるかなんて、確かめたりしないじゃん、普通。そんな感じだったんですよ、音楽も何もかも。だから普通、ライヴにも行かなくなるような20代も半ばを過ぎてから貪欲に情報を求めるようになったしライヴだって依存症かよ、って勢いで運び始めて。

どんだけ前しか意識してなくったって、確実に影は在る。足許には何時だって奈落が開いてる。
自覚するとさ、意識し始めるとさ…一歩踏み出すのだって良く考えたら未知でこわい。

…うん、だから。
何かね、バスデはいいと思うんよ。いい具合に感傷と諦観が開き直りに向かってて。メンバーも歳取る分、運ぶ客側だって歳喰う訳で(笑)。


別段、そんなコト考えながらアクト見てる訳じゃないですけど(それ処じゃねー)…ハルキはいい絆を結べたなぁ、とちょっと思いはした。辞めないで、逃げないで留まってくれて本当に良かったと思う。



LOVERSは絶叫するチバが見たかったんですが、全然見えなくて軽く凹む。聴くだけでもかなり迫るけど…オオカミ(あ、やっぱプレスのが先かも)はもう、前ツアの中継の時から凄く生で聴きたくって仕方なかったので、本当楽しかった。結構ちょこちょこ、チバさんハルキと向き合って弾いてたり頷いてたりして、年齢とかキャリアとか関係なく信頼してんだなーって。

プレスは本当、いい曲だと思う。ゆったり聴きたかったけどな(苦笑)、意外に押されました; シャチは相変わらず押せ押せで狂乱。流石は"純粋な欲望"。

STRIPPERジェリーは気に入ってたんで聴けて良かった。結構各地でセトリ違うのかな? ALRIGHTも好きだし、神戸のセトリは個人的には凄く満足。あ、でも[JOIN]聴きたかったかな。

しかしハルキのベースは本当…運指が凄いな。指が長いから見てて飽きないよね。stupidの換え歌詞は「ウインターランドの腹の中か」でした。
さて、本編ラストの雷鳴。直前のMCは唐突に「昔々、」で始まり。何だ何だとばかりに一斉に注視するオーディエンス、対してチバ氏はあんまり練って無かったんだろうなぁ…「お侍さんが居て…」って言いながら既に破顔していた(笑)。

態勢を立て直すかのように「おしまいっ!」と放って演奏へ。色々と匂わす曲だなぁ、雷鳴
そう言えば何処でかは忘れたけど、抱えられて救出されてた子、大丈夫だったんだろうか?


アンコール。
キュウちゃんが一番に戻って来て、イマイさん、ハルキ、チバと続々と。なんかチバ言ってたけど忘れたなぁ…曲に移る時に、淡々と「そんで、お侍さんがさぁ」とネタを引き戻してました。隣でイマイさんが仰け反っていた。客も心の中でコケてただろう(おしまいじゃなかったんかいっ)。
MEXICO…なんか、チバさんかなりギリまで前進してた気がする。

また退けて再び登場。今回のハレルヤはシンプルに始まったけど、曲の前にチバさん、両腕を上げて少し、ゆらゆらと微妙な動きをしていました…踊りたかったんだろうか? 
心で誰かタンバリン持って来てーっとか思ったりしてました、ごめんなさい。


挟まってた箇所が記憶にないんで、以下はそのまま残しておきます。
神戸はキュウちゃん絡みのトークしか無かったかも。
「今日が誕生日の人って居ます?」に後方あたりで挙手。「ホントかよ? 嘘言ってんじゃねーの? ま、おめでとうございます」

後は何だ…「言っちゃ何だけどさ、この辺って肉ばっかだよね…神戸牛」の後にお客さんから「神戸ワイン飲んだ? 神戸ワインあるよ」って言われて。キュウちゃん、「お前もう後からでいいよ。友達かよ」って苦笑してた。

ピックありがとーってお客さん言ってたのは、チバに対してだったかイマイさんに対してだったのかは忘れました。「イマイさんセクシー」とか「兄貴もセクシー」とか(笑)。

あ、キュウちゃんの本も物販にあって、「本買ったよー」って声も上がってました。ま、MCは相変わらず少ないけど。

今回物販にはピックがあって、結構買ってる人多かった。複数枚買ってった人はギター弾く人なのかな? 私も一枚だけ買いました。帰宅して落ち着いてから紙に包んで、ミヤくんからイベントで貰ったピックとかKiyoshiさんのピックとかと一緒に保管。


物凄い暑かったけど、凄くいいライヴでした。
やっぱバスデはこの位のキャパがいい。何でだか地元大阪のZeppには食指が動かないんだよなー…他のバンドだと大きいハコも平気なんだけどな。

[クローズ]には何の曲が使われるんですかね? 元から映画行く予定だったけど、更に楽しみが増えたー。

[PR]
by yoiyamigentoukyou | 2007-10-01 02:33 | The Birthday
春はいつ来る? The Birthday 20061211 Rollers Romantics Tour'06@京都磔磔
20061211 The Birthday Rollers Romantics Tour'06@京都磔磔

※セトリ…覚え切れませんでした;
既発のシングル2点+アルバムより、白い蛇と灯台-前/後編-以外はプレイされてました。後はLOVERSとか今度発売になるNIGHT LINEとか…正確じゃないけど4、5曲はやってたかな、と; つか、灯台2曲だけはライヴじゃ演奏しないのかな?

取り敢えず、この日が比較的暖かな気候で良かったです(関西、翌日から連日雨天…)。それでも全身汗で湿らせた身には終演後は冷えました(阪急川原町の駅内を濡れたTシャツ姿でわそわそと闊歩しまくって済みません;)。

あんまり、レポ出来る程余裕のあるライヴ鑑賞ではなかったので…検索とかで来てしまった人には先にお詫び致します; 普段以上に駄目日記です…


当日は朝から南座にて顔見世興行を観ていまして。三等席だったんですが、2年ばかり振りの南座は記憶してた以上に足回りが狭かったです…また例年よりも久々に時間長かったしね;

15:30過ぎに南座を出て、ちまちま、ドトール目指して四条を通過。思ってた以上に距離があった…道を間違って控えて来たのかとすら思いました; 無事にドトール発見、さくっと曲がると解体中の教会らしき建築があり、更に進んで目印の散髪屋さんの前へ。「さて」と見回すと…何処にも磔磔の看板が見えないんですけど?

おかしいなぁ、とその場でくるーり、周辺を見回してみると…ロマンスグレイな髪を下ろして紅い携帯片手に歩いてくる黒眼鏡の男性が。

">…え、あれ、嘘…イマイさん? 生イマイさん!?
通り過ぎる際に聴こえた声も見えた横顔も正しくご本人(心臓ばくばく、酸欠の金魚状態だったですよ;)。そのままちょい向こうの駐車場へと消えてゆく。

通話中でしたのでお声は掛けませんでしたが、多分何もせずに歩いていらっしゃっても声を掛けることは出来なかったと思います。でも折角のチャンスだったのになぁ…
まぁ、こんなコトもあるんですねぇ…入り待ち/出待ちとかしたことないし、今回も方向音痴だから先に場所を確認しておこう、と思って会場に行ってみただけだったんですけど。

とまれ、若干時間をおいて、イマイさんが向かって行った方向へ進むと。見えました、磔磔の看板。でも何か…あれ、壁突き抜けてない…?; とか思ってたら、駐車場の奥に在りました。物販はまだ準備を始めたばかりだったらしく、予定を聞くと17時半とのことだったので、四条に引き返して途中で見つけたINOBUNとか雑貨屋さんを物色。

それでも時間を余らせてしまい、早まるかも、とゆうてはったし、と17:15頃に再び会場前へ。丁度、リハ中でKIKIをやってはりました。一回スタさんに散らされて、時間かっきりに戻って、ソープとキーチェインとバッグと、悩みつつもヌーライ黒Tを購入。もうすっかり陽も落ちて来て、暗いねぇ、京都。
川原町まで戻って駅ロッカーに荷物詰めて、面倒だからそこでTシャツに着替えてパーカ羽織って。時間をジュンク京都で潰して18:203度会場へ。

手には勿論、ムックさんのマフラータオル。会場前の駐車場は人で一杯。意外に、若い人が多い。性別比は多分半々なんじゃないかな? 入場待ちの時に何処からか「ムックのライヴなんて土台が女の子やから~」という会話が聴こえて心底びっくりした(いや、両方聴くのなんて自分くらいかと思ってたんで;)。


割と入場は早かったですよ、130番台でしたけど。しかし何故にD代600円…そうして何故にドリンク強制前渡しなのか? …最後にしか飲みたくない奴だって居るんだぞ? 邪魔っつーか狭いハコなんだから危ないと思うんだけどなぁ。
とまれ、中に入ると凄い不思議な光景。レトロっつーか、味が在るというのか。さっと後方を見ると確かに段にはなってるけど只でさえ低めなステージが遠すぎる。前を見ると…まだ中央の柱付近までしか人が居ない模様。取り敢えず、柱付近死守すればいいかな、といつものように上手へ向かい…や、今日はハルキが見たかったんだ、と下手側へ。

磔磔は、造りが特殊なので、楽屋→ステージへの通路が客席の真横なんですよね。だから下手側の方が接触出来るので埋まるのが早い。うっかりセンター付近に立ってしまい…あれ、これチバしか見えなくね?; と思っていると、スタさんに前に詰めてと言われて早くもぎっしり圧縮; ぎゃー、下がれないよ、コレ?
…なんか、ほんと前方3列分くらいだけ、気持ち段が高くなってるんですね。厚底履いたって150にしかならん身では、センター3列目ったって全景なんか見えない訳で(最前は女の子だったけど前は男性だったし)。オマケに先にアルコール空けてる人が多いせいか微妙に酒のかほりが(アルコール駄目人間);

定刻をちょい過ぎて、アクトが始まりました。キュウちゃん、ハルキ、イマイさん、チバ…と登場。ちょっ、チバ近! つか髪伸びてるし! うわー、ギターがきっちり見えるよ! ←基本的に小さい為、大抵トルソーな位置までしか見えない。

キュウちゃんは多分、黒T? イマイさんは髪を撫で付けてライダース。ハルキは白シャツだった…髪切って、髭も無くなって、なんだかとても品のいい青年だった。
チバは黒ジャケ、インに黒地の赤と白の小花が散った感じのシャツ。襟はジャケの上に出してた。胸元まで釦は空けてて、なんかメダイが揺れてました(後でハルキ見た時思ったんだけど、ハルキもメダイ下げてたね。もしかしてお揃? なんかもう、ホント甥っ子みたいに可愛がられてんのかな、ハルキ)。ちなみに眼福なことにチバ、顎に髭を蓄えてました…それだけで何か仕合せだ(ほわーん)。


Lock OnLAZY SUBMARINEと流れるように始まるアクト。
あのね、単純にチバ恰好いいなぁ…としか感じてなかったかも(笑)。

だもんで、細かい曲々での記憶が…余りない…割と前半めのインターバルで、「相変わらず京都、ここ(磔磔)は暑ぃね」「…でもなんか(来るのを?)止められないんだよね」と、ちょいはにかみ気味の笑顔で話すチバにKO。いや、あの不意打ちな微笑は反則っしょ(何のだよ;)。

真ん中過ぎくらいのインターバルではキュウちゃんが「後ろの人は見えてないと思いますが」とか言ってた。後方から「何処ー」って返ってて笑えた。

KIKIの前では「京都には妖精って居る?」って言ってました。その後、多分だけどイマイさんが英語で何か言ってたように思う…聞き間違いかも;。

チバ「京都の春って何時から?」
客席「三月一日ー」
チバ「…なんだ、俺んトコと同じか(的な言葉)」
という掛け合いのあった春雷。この時だったか、前方では気絶したのかな、何人か救出されてました。そうして再び、じりじりと圧縮が;

stupidは合唱とかはあんま聴こえなかったけど、"磔磔の腹の中か?" とチバが歌詞を変えて歌ってくれたのでそこだけ「うおー」と野太かった(笑)。
あと、多分JOINの間奏の時だったと思うけど、ハルキの方を指して「ベース ハルキ」みたいなこと言ってた(仕草だけだったかも)気がする。違う曲かも知れない。でも初めの方と合わせて2回くらいハルキ指してた気が。

で、当のハルキはゆらゆらと、時に頭を振りつつ。なんだったかな、チバと向き合ってた時があったんだけど、曲が判らん;


あとは…最後の方。「何とか(バラッドの前やったから、バラッドって言ってたのかも。聴き取れなかった;)は聴いたことある?」とか言って、焦燥のバラッドとかNude Riderとか烈しめのを3曲続けて。…ごめん、もう酸欠にならないように気道確保するだけで一杯一杯でした; 押しが凄いのなんの; かつ周辺の位置取りというか、色々と激戦でした…周辺の人、申し訳ない; 前のお兄さん、ずーっと背中にしがみ付いてて済みません; 左右隣のお嬢さん、骨での押し合いになってしまってごめんなさい; …何回か入れ替わったけど、真後ろの人、私自身は跳ねてはいないんですが、周辺の揺れに合わせてたせいで何度も顎に頭突き状態で本当に申し訳ないです(流されたせいで謝れずに終わってしまったので;)。

本編ラストのSherylは、淡々としていながらも何か、あったかい曲でした。
しかし、DVDとか過去にCS放送を録画したテープとかで見てたけど、ほんっとにチバさん汗が滝(笑)。びっくりするくらい顎から垂れてた。


一回メンバー退けて。割と、直ぐに戻ってきてアンコール。チバはジャケ脱いでた。ハルキもツアTに着替えてたかな…

チバが「来年一月に新曲を(シングルを?)出そうと思ってて…あ、出すんだけど」「それやろうかと思ってたんですが(間+ざわつく客席)…やっぱやるわ」とMCして、新曲。これがNIGHT LINEなんですかね? 歌詞は覚えてませんが、曲はやっぱ恰好いい。

さて、この曲の途中でやや後退せざるを得なくなって、続くKing Motor Hausで男性がわーっとモッシュ態勢に入ってしまいどんどん後方へ。つーか全然ステージ見えない(T△T)。どんだけ皆暴れるんだろう…つか、チバの「京都府警に捕まんないようにな」って;

最後のハレルヤは、上がって来た男性陣に振い落され、かつKing Motor Hausの終わりで強引に下手に行こうとする客に流されてあっさり下手側の住人になってしまって居たので、流石にまったくチバ見えず(苦笑); ま、本編の間はほぼずーっとチバ見れてたしね、折角なのでハルキ見てました。可愛いぞ、ハルキ。轟音って訳じゃないけど、じんわり絡む感じだね。それもさらっとした感じで。なんか凄い不思議。

ハレルヤは、最初の方にアレンジがあってちょっと新鮮だった。チバの絶叫は本当、迫るね…優しいよね。
最後に捌けてく時、悩みつつも折角なので頑張って、腕を伸ばしてみました。ハルキは凄いあっさり通り過ぎてしまって手は届かず。次に来たチバは何故かお手上げのポーズで横歩きだった…触られたくなかったんだろうな…と思ったのですが、何か私も引き込みが付かなくて「ちょん」と左の脇腹付近に爪先を…えーと、あんなに汗かいてたのに、なんかシャツ越しのチバの胴はさらっとしてた。続くイマイさんは何処に触れたのか覚えてません…多分、左腕だと思う。最後のキュウちゃんは何人か握手してたね。私はやっぱり気後れしてしまい、ひそりと左の二の腕だったと思うけど、そこにタッチしてみた。

…ほんと、幽かな接触…感触とか覚えてないです…ただ、間近で見たチバは(ハルキもだけど)華奢でした…。


楽屋に消えていくのを見送って、そろそろと外に出る。ぅお、寒! 慌てて腰に巻いてたパーカを羽織りましたが…パーカも半分以上が汗でぐっしょりでした…気付くとジーンズも腿まで湿ってる…腰の辺りはぐっしょり;
大慌てで、駅へ向かう。途中で引き換えてたカルピスを飲みましたが…缶は方々凹んでて、かつ人肌の温度でございました…今回はほんと、Tシャツに着替えてて良かった! まだ上半身なりとも温かくして帰れる(大阪まで)。

そういえば終わりの方で「また来年」とか言ってたね。大阪公演は多分行かないかもだけど、新曲とか凄い楽しみだ。

[PR]
by yoiyamigentoukyou | 2006-12-12 01:37 | The Birthday