<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
朱の洪水を湛えてびいどろは沈黙する [さくらん]
大門に填め込まれたびいどろの水槽、優雅に尾鰭をくゆらせてまどろむ金魚の朱色-吉原遊郭に生きる女と男を、きよ葉(後に日暮)という一人の花魁を軸に描いたフィルム。


金魚さん一杯で、それはとても良かったんですが。
なんで蘭鋳が居なかったんだろ、と関係ないコトを思いました(金魚見ると勝手に脳内ではムックの蘭鋳とか水槽とかが流れる程湧いてるので);

…原作未読、事前情報は予告編くらい、という状況で観たのですが、思ってたよりは良かったというか、きついかなぁ、と覚悟してたよりは色彩も抑えてあったような…気もしなくもない(蜷川さんの写真って凄い毒々しいっつーか、毒キノコ並に自己主張してるじゃないですか。前衛じゃなくて無防備な露呈っていう印象が強いんですが)。それでも、敢えて一言で表現するなら壮大なPV。

時代考証とかどうでもいいんですが。
現代感覚を絡ませる際の、割合が結構いい加減だったかな、と。口調とか、遊女言葉とか無くてもいいんじゃ? という風に思いました。全編現代語、その方がすっきりする。

原作との比較が出来ないので反映率は判りませんが、メタファーで全編を包んで終焉させているという点ではいい落とし方だったのでは、と思います。

道行はすなわち心中の死出の先触れ。
己の心を殺して生きるも苦界なら、心のままに果てるも六道の苦界。身受けられた粧ひの生き方も、愛執に壊れた高尾の生き方も、きよ葉から見れば目映いものだったんじゃないかな、なんて。


泣けないだろう、と軽く見てたんですが…予想外に結構泣けました。といっても見事に安藤さん演じる清次の場面でだけだったんだけど。ただ、清次の心情の変化は顕されていたけど、日暮の心境の変化が視えないというのはどうかと; 観るまでずっと、煽りにあった"初恋に裏切られ"ってのが清次への感情のことだと思ってたんですよね…身売りされるのって大体十に満たない頃でしょ? そうすると親身になってくれる清次ってのは充分恋慕の対象になる(しかも桜が咲いたら云々は彼の言葉なんだし)。でも清次にとってはあくまでビジネス。そういう部分で、ずーっときよ葉が清次のことを"男"として認識してて、色々あったことも総てその奥に清次への挑発的な無意識下での意図が見え隠れした上で、最期は叶って道行に…と予想してたんですよ(原作知んないから、今一掴めないけど)。

結構最初の方の、足の指で清次の股間を辿るみたいな箇所がそういう伏線なのかなーって思ってたけど全然違うっぽいし(そもそもきよ葉に清次への思慕の欠片すら感じられなかったけど; 日暮に改まった辺りから何となく変わって来たかな、って感触はあったような気もするような)。

だから、何か最後のご隠居との会話が取って付けた感が強かったのが勿体無いかも。


でも安藤さんの血糊まみれの姿を見ずに終わってくれて良かったです。成宮さんは鏡地獄の印象を思い浮かべて観れば、まぁ確かに笑う鬼に見えなくも。普通に笑うのが怖いっていう感覚は難しい。

アンナさんは、足抜け覚悟で惣次郎に会いに行った時の墨染め姿が一番美しかったです(華やかな衣装全否定、って訳じゃありませんが)。これは歌舞伎の女方さんも同じですね、尼姿にこそ色がある(黙れ)。

とまれ、15年ばかり前の中学生の時に紛れ込んでしまった現実の遊郭の暗澹としていて何故かファンタジックだった光景の方が較べようもないほど鮮烈だったな、と改めて感じたのですが…監督さんや脚本さんは、そういう地図にない本物のエリアに取材に行ったりはしたんだろうか? ふと、そんなことも考えてみたり。


どうでもいいことですが、小泉今日子さんの役が清次の産みの親だったのかな、と見終わって思いました。それで計算すると二人って一回り違うんですね(そうするとちょっと安藤さんだと若すぎたかも;)。
後、椎名林檎の曲使いすぎ。かなりくどかった; 元々そんなに林檎さん好きじゃないせいもあるんだろうけど; パンフの出来も今一だったのが残念。役者のインタすらないって; 百歩譲るとしてもあのスチールの画質の悪さは…どうにもならなかったんだろうか;

[PR]
by yoiyamigentoukyou | 2007-03-24 20:30 | 映画も観る
彼誰時に結ぶ言葉は [フリージア] 
コミック原作は、映画よりも淡色っつーか、一本調子に流れてるって感じがあるんですが、映画は随分ロマンチックでした(血塗れだけど)。


近未来、日本。戦況下の治安悪化の為に採択された敵討ち法-代理執行人・叶ヒロシは凍てついた感情のままに対象者を狩る日々。ある時、上司であるヒグチから一人の男の処刑を命じられる。それは良く知った人物だった。


玉鉄いいですね。
原作と違って生活感の欠片も無かったけど(ナポリタンくらいか)、仔犬っぽくて何か似合ってた気がしました(よぅ判らん感想ですが;)。

取り敢えず溝口さんと山田さんの確執が凄絶で、メインのヒロシとトシオの闘いが印象薄かったのが謎。両方穏やかだから、緊迫感よりもまたーりな空気感が強く感じられました。

ヒグチはもっとキャラの濃い役者さんの方が良かったかも。
原作はほとんど知らないんですが(月館が連載されてた時にIKKI購入してて、その時に数話斜めに読んだだけで、随分ヤバ気な漫画やなぁというのと、描線重なり過ぎで見辛いなぁ、としか思ってなかったんですよね;)、こう綺麗にまとめられると「え、それでいいの?;」って気がしてしまって。
…水彩画みたいな透明感、は確かにずーっとキープされてた作品だと思います。毒気が薄いのが不思議だ。


パンフは片面刷りの面白い構成。IKKI本誌を買わなかったので、田島さんのイラストが収録されてたのが嬉しかったです。ヒロシの子役の子、偶然にも良く似てましたよね(どうでもいいコトしか覚えてなくて済みません)。

[PR]
by yoiyamigentoukyou | 2007-03-21 20:32 | 映画も観る
奸智に走るは理解に遠く [ユメ十夜]
今更感が凄まじいのですが…備忘録がてら。
取り敢えず、パンフ品切れで購入出来なかったことだけが口惜しいです。


漱石執筆の短編集[夢十夜]をモチーフに、10人の監督が同じ制作費・持ち時間の元に作成された超個人的解釈による十夜のユメの物語。


個人的には第三夜と第六夜、第九夜が良かったかな。第十夜もインパクトありましたが(つか、よくOKしたよね、役者さん…あの演出を;)。

思い出し出し、各夜の感想めいたものを。


第一夜
実相寺監督&久世氏の遺作ということで期待はあったんですが(まぁ、実相寺さんなんで、そんなに過剰に期待してたりはしてませんでしたが)、見終わると一番印象に薄かった気が。金魚とか鉢の使い方はいいなぁ、と思いましたが最後がイマイチ難解過ぎました。

第二夜
サイレント。方法は面白いなぁ、とは思ったけど、結局言いたいことが判んなくて、何処がオチなのかも判らなかった…元々が夢のお話なんで、意味を求めても仕方ないんでしょうけど;

第三夜
鬱蒼とした明け方の森を彷徨う漱石。背負った赤子が地蔵に変じる過程にゾッとしました。香椎さんが凛としてるのが一層不気味。最後のオチでちょっと和んだけど、やっぱホラーは苦手だ; 一番いい作品だったと個人的には思います。

第四夜
繰り返し喪う物語。最後の海の場面がシュールでしたが、夢ならではのもどかしさが感じられました。駅員さんが何気にいい感じ。同じ場所(道路の形状とか、建物とか色々あるけど)の夢って私は結構見ますが、自分以外の人の夢なんて判んないからどうなんでしょうね?

第五夜
以前に深夜にやってたシュールなサブカル番組…ヴァーミリオンプレジャーナイトでしたっけ? あれの中のゾンビ家族みたいでした(ミッドナイトクッキングがヤバくて弟と嵌ってたなぁ…)。
…大倉さんはやっぱいい役者さんだなぁ。

第六夜
リアル2ちゃんねる(笑)。阿部サダヲがなんか可愛い感じでした。PVみたいで面白かった。熊の置物は要するに分相応ってコトなんよね? 含蓄のある夢だなぁ。

第七夜
天野氏world。取り敢えずいきなり西欧風。淡い色彩で眼は安らいだ。焔の魚さんは綺麗だったなぁ…

第八夜
最強に意味不明。田圃で捕まえた生き物は何だったんだ!? 視聴者を置いてけ堀にして終わった作品。

第九夜
緒川たまきは能面みたいだよね、無表情なのに饒舌。結局出征したのがリアルなのか、させなかったのがリアルなのか、その曖昧さが恐くていい。子役の男の子がもう…落下する処とか非道いことになってたらどうしようってハラハラした。

第十夜
本上まなみも松山ケンイチも、よくあの演出でOKしたなぁ、と他人事ながら勝手に驚嘆しました。グロっちゃーグロですが、まぁ笑える範囲なんだろうな、と(個人的に内臓が散る場面はNGレベルだったので、結構薄目で見ていた)。
源内さんNICE(笑)。バカミスみたいで面白かったです。


…母と観に行ったんですけどね、場内何故か年配率高くて、終わった時の微妙な空気が今も記憶に残ってます(苦笑)。夢のお話ですからねぇ…原作の持つ不安定さというか閉じないという怖さが薄かったかな、と。

物販には何故かsousouさんの手拭とかがま口とか出てて、すげー迷いまくったんですが結局見送りました…でもやっぱ買えば良かったかな; パンフも先に買っておけば良かったなぁ(やっぱ映画は終盤に行くものじゃない、という教訓)。

まだまだ文豪の思索を追うには時期が尚早過ぎたようです。

[PR]
by yoiyamigentoukyou | 2007-03-20 20:35 | 映画も観る