<   2007年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
浮遊する細工惑星 20071110 hare-brained unity "COOL&DISCO Ⅷ"@心斎橋CLUB QUATTRO
20071110 hare-brained unity
"COOL&DISCO Ⅷ~daylight party~"@心斎橋CLUB QUATTRO


ヘアブレ@心斎橋ワンマン運んで来ました。
セトリは全く不明です…判る曲もあったけど、常に2枚のアルバムを曲名見ずに他バンの曲とランダムに聴いてるんでタイトルと曲が一致しない…

聴きたかった[光と影]はやらなかったな(あれ、やってたらどうしよう;)…でも4曲目か5曲目で重めの曲が来て、凄いノレたからいいや。

…なんつーか、ひたすらに吉田くんしか見てなかったね、私! …多分。
いや、別段ガン見してた訳じゃないんですが…私は基本ヴォーカル至上なんで、一本のライヴ全体で通常8割はヴォーカルしか注視出来てないんですが、ヘアブレは逆で6割方吉田くんを見てたような(笑)。

可愛いよね、吉田くん。
煽る時とか首もげそうなアクトとか、何か小動物ぽくて弟にしたい(苦笑)。 
ヘドバンしたかったけど、流石に四つ打ちではタイミングが合わない; というか少し振ってみたけど凄い違和感が強くて自分に萎えた(あのテンポで頭振るのって疲労が増すだけのような気が; 8ビートだと傍目には勢い倍になるんでしんどそうに見えるかもですが存外平気。そう思うと和田さんも吉田くんもタフですな)。 ←よく考えたら16ビートで振ってるかもしれない、何となく。

なんか体感的にもっと長く感じるかな、と思ってたんですが。終わってみれば早かった…てか、粘ってアンコール叩いてたけど、その時点で9時過ぎてたとか後で知って吃驚。

普段ぶつかり合いの観戦ばかりなので、ゆとりたっぷりなフロアで身の危険を覚えることなくがっつり楽しめたのは素敵でした(えー、だって頭上からキック喰らうことも圧迫で酸欠になる危険もないセンター4列目なんて経験ないもん。快適すぎて逆に怖いくらいでした)。

動員は結局不明瞭。映画見て開場時間過ぎて到着したんでその辺不明のままです。開演前はフロアには5列分くらいしか客居なかったけど、中盤には結構人居たね。吉田くん前の女性が物凄く跳ねまくっててちょっと浮いてたけど、普段運んでるライヴは皆あんな感じなんで、ヘアブレのファンって大人しいんだなーとか思ってました。

まぁ、もう少し動員伸びるといいのかな? とまれ四つ打ちオンパレードは結構きつい。曲調に加えて割りと歌詞も(テーマが、かな)似通ってる印象なので、バラード入れるとか違うテンポの曲入れるとかが今後の課題じゃないでしょうか。
…もっと言葉で遊ぶとか、冒険しても大丈夫なんじゃない? どっちかというと布谷さんの言葉は綺麗過ぎるので、もっと崩してもいいんじゃないかな、とか思いました。
丁寧でいいけど。爽やかだし。


MC…は結構ちょこちょこ挟まってました。
完全に記憶してる訳じゃなんですが、和田さん的には床板をブチ抜きたかったらしいです(笑)。

前日の9日が名古屋でのワンマンで、「2日連続でワンマンを行なうのは今回が初めてだったので」「既に首がもげそうになってるのですが」「もう、もげてもいいって感じで大阪勤めます(的な)」と、和田さん。
布谷さん笑いながら「(もげたら18日の渋谷は)なしと思って」ってとか返してた。

初めの方で(多分4曲目終わったくらい)、「沢山(色んな場所で)ライヴがある中、僕らを選んでくれて有難うございます」「…いつもだったらそれで終わるんですが、今日は2時間ばかりあります、まだ続きますので」みたいな挨拶を和田さんがされてたような…気がします。

「名古屋終わって、ホテル泊まって…二人部屋だったんですよ、そこの(と、下手側の吉田くんを指し)黒いポロシャツの人と同室だったんですが」「既に名古屋終了の段階で首が痛くて」「もげると言いつつお酒呑んで何も処置しないで寝過ごして」とかも和田さん言ってたな。

後は中盤過ぎか、「気分いいですね、この良さはバンドやってる人でないと判んないね。帰りに下の階の楽器屋さんで楽器買って帰ってみたらいいんじゃない?」とかおどけて言ってました。布谷さんが「そんな簡単な、明日からバンド!みたいな(あくまで的な発言)」って笑ってましたが。

床が抜けるくらい踊って下さい、とインストゾーンに突入したり(当然ですが抜けません)、大阪の皆さんの為に新曲作って来ましたと中盤と終盤とで2曲披露して下さったり。

今後のイベント情報の告知とかもされてました。「去年は毎月のように大阪へは来ていたんですが」「今年は半分くらいになってて」「それもこの今日のワンマンを重視してたからこそなんですが」「来年はまた増えるかも知れないし」と和田さんが言ったら「あ、言っちゃった」って布谷さん。
「いや、増えるかも知れないけど減っちゃうかも…知れないし」って和田さん言い直してはりましたけどね(笑)。

「呼んで頂けるなら、僕らは何時でも大阪、来ますんで」「CD、アルバム買って聴いて貰えるのも嬉しいんですけど、こうしてライヴに運んで下さる…こう、同じ空間で、一緒に創っていけるというのが凄く大事なことだと思うので」「僕は、ライヴに来てくれるお客さんを信頼しています」…そんな風に真っ当に言葉を発してくれるバンドなんて滅多に見ないので、この和田さんの言葉には凄く感じ入るものが多かったです。

後は物販の話かな。12月の大阪でのイベントのチケットを終演後に手売りするということで「僕がいつものように販売しますので」と言った後、「あ、もしかしたら●●(マネさんなんですかね? お名前覚えてません)かもですが」とかも言ってたかも。

和田「僕みたいな髪型(恰好?)で「和田さんの真似ですか」って質問されて全部に「違います」って回答したらしい(笑)。流せばいいのに」
布谷「硝子の40代だから」
和田「硝子なんだ! って歳喰ってんね!」

…あー、ニュアンスしか覚えてないや; こんな感じだったんだけど何か言葉にすると違うなぁ;

貞子みたいな髪型って和田さんが自虐に走ってたのってどの辺だったんやろ; 終わる頃にぽつり、「なかなか床、抜けないですね」とか言ってたのが素で良かったです。

あと、思い出したんで追記。
呼んでくれたら何処へでも、みたいなMCの時に和田さん、「メールでもblogにでも書いてくれれば…更新されないblogでも(強調して布谷さんと吉田くんを見る和田さん)」って言ってて、思わず笑ってしまいました。


アンコール…は早かったな。
和田さんだけ着替えてた。「バナナみたい」って言ってた物販のTシャツ(白地にトロピカルなオレンジのグラデでhbuとあるシンプルなものですが、そのデザインがフルーツのブランドのドールのロゴに似てる)。「可愛くないですか?」とかも言ってたかも(あれ、黒の方が恰好いいんですが、だったかも)。
「こっちしか用意されてなくて」とか言ってた。最後の曲はもしかしてインディの時のなんですかね? 和田さん、布谷さんに「大阪では(メジャーになってから?)やってなかったっけ」とか確認しながらアクトされてました。


んで、捌けて。
フロアに照明付いたり追い出し掛かったりしたんですが、も少し見たかったんでアンコール求めてたんですが、結局清掃になってしまいそのまま終演。

私は普段、ヘドバンとかモッシュとかのあるライヴに運んでるので若干ノリとか勝手が違ったので戸惑う点もありましたが、凄く楽しく過ごせました(主に吉田くんの煽りとかプレイとか笑顔とかによる。喋ってくれたらもっと嬉しいのにね;)。

まだ課題は沢山ありそうですけどね、とまれ、大阪でまたワンマンがあるなら運ぶかと思います…多分。
早く新曲が音源化されるといいんですけど。

[PR]
by yoiyamigentoukyou | 2007-11-14 02:21 | 音楽・ライヴ関連
狂えよ舞えよ閃光の視界 20071111 BUCK-TICK 天使のリボルバー@なら100年会館
20071111 BUCK-TICK 天使のリボルバー@なら100年会館


ポッキーの日(だから何だ)。

毎月の所用の為に昼一に大阪を出発。傘置いていこうと思ったんだけど、奈良は結構天候が変わるので(学生時代大阪から通ってたから)念の為に折り畳みを突っ込んで出発。

途中で忘れ物を取りに戻ったんですが、買い物帰りの母と出くわし、家鍵を鍵穴に突っ込んだまま出立してしまったことに奈良に着いてから気付く(若年性健忘症…つか既に歳か;)。

奈良はなんか、見事に降ったり止んだりで鬱陶しいことこの上ない。そうしてJRは待機時間が長い…

用事が終わってしまったのでミスドでドーナツ買い込んで会場へ向かう。昼間はピアノだかクラシックだかのコンクールやってたんですかね? 和やかな家族連れと入れ違いに集い始める黒装束(笑えない)。

本当は愚弟と来るはずだったんですが、奴は西九条でLynch.のワンマンに参加する為いつものように単独参加。勤務先の人も運ぶと聞いていたので申し訳なくも甘えさせて頂いてメールしたり入場前に京都公演のお話を聞かせて頂いたり。

なら100年会館は、予想していたよりも近代建築でモダンで、且つ驚くほどにオバチャンの沢山働く会場でした。普通に私服だったりスタジャンだったり。
会場内はかなり綺麗で、15列やや今井側センター付近でしたが見え易そうでした(グラスも使ってたけど結局細かい表情までは見えないもんだからリリィ辺りで諦めた)。

ブロック分けが細かい上に列がイロハ…なもんだから座席が探し出せない人続出。そういえば大阪も右と左とでセンターから対称に番号が振られていた為に間違う人多かったなぁ(そうして京都も一列目=最後尾という逆行…関西の会場は変な処で個性的)。


setlist≫
SE
 Mr. Darkness & Mrs. Moonlight
 La vie en Rose ~ラヴィアン・ローズ~
 モンタージュ
 リリィ
 CREAM SODA
 MY FUNNY VALENTINE
 tight rope
 Snow White
 見えない物を見ようとする誤解 全て誤解だ
 スパイダー
 絶界
 RENDEZVOUS ~ランデヴー~
 Alice in Wonder Underground
 BEAST
 REVOLVER
 RAIN

 E/Sid Vicious ON THE BEACH
  唄
  ICONOCLASM
  スピード
  PHYSICAL NEUROSE



流石に2回目の鑑賞なので、曲順も自分的には確認しながら見れたと思う(大阪の順番、相当間違ってますね;)。アンコールでの意外性だけでも奈良公演に運んで良かったと思いました。

前日がヘアブレで、それはそれで楽しかったんですが。
ヘドバン出来なかったのが心残りだったこともあり(つか、ヘドバン止めるとか決めてたのにな;)、スパイダーでやらかしてしまい…リヴォルヴァーでキレました。

後ろの列の人、吃驚せんかったやろか; フィジカルも凄い嬉しくてやっぱり莫迦のようにヘドバン…あの、時々「ヘドバンしました」って感想を見るんですが…私、現実にバクチクさんの公演で自分以外にヘドバンしてる人をここ数年見た記憶がないのですが…本当に他にもいらっしゃるのでしょうか?; 謎だ…私がしてるのは実はヘドバンじゃないのだろうか(普通にDirに通ってたのと同じ腰からの高速だけど)?


そんなこんなで眠いので落ちます…Snow前にあっちゃんが、「京都、奈良と続けて来ました…美しい街ですね。この辺りも綺麗に雪が積もるのかな…」と言いまして。
観客としてはその言葉の次に紡がれるであろう言葉を聞き逃すまいと黙してたんですが。

「…無視か…」って櫻井さん、それは酷いです(受けたけど)。後方の男性が「綺麗に降りますよー」ってフォローを叫んでましたが、奥地なら兎も角、奈良市内じゃそんなに積もらんですよ、流石に。
「降る雪に二人、凍えて抱き合う、そんな曲です」みたいな風に紹介を続けてた気がするけど記憶捏造かも;

細かい部分はまた明日にでも。アンコの時、今井ちゃん、「楽しんでま…っか? (ざわめく客席)ほ ん と に ぃ ぃ ?」って、ギターも鳴らしてたのかな、凄い区切って言うのが可愛くって萌えた(笑)。
「じゃ、アゲてって下さい」ってシド。今日はちゃんとノレたぞ。

勿論最後にはゆたさんの投げキス+ジャンプもあったしね。凄く楽しかったです。本編ツアへの参加はこれで終わりですが、追加の大阪も楽しみです。ナカユビやってくんないかなぁ…DOWNとか(毎回言ってるけど)。

[PR]
by yoiyamigentoukyou | 2007-11-12 01:17 | BUCK-TICK/Lucy