<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
一応予定など…書いてみる…
まだ青写真状態なのが痛いのですが;

豆本フェスタさんにて発表する予定の豆本のことなど(いい加減なんか情報出しとかないと、ホントに只のヴィジュ+歌舞伎ヲタにしか見えんし;)。

…こっちのblogからはリンク貼ってないんで申し訳ないんですが、取り敢えず春のふくまめさんで出した本はあれで終了、とさせて頂く方向です。[本の雑誌]さんに写真が掲載されますが、イベントに並ぶことはありません。

というのも、同じものを何回も繰り返して並べるのが大阪人として何か厭で(軽い強迫観念)。
そんな訳で首絞めまくりです。

今現在、確実に刊行出来る豆本は実のところ一種だけ…といってもこれ、2冊組になる上にオマケ要素が多すぎて、何か…只の雑貨にしか見えなくもない…んですがね;

ちーと根暗な短篇…私の中ではゴスっつーか、耽美なんですが(BLではないです。私はBLを耽美とは認めない派なので)、傍目には気持ち悪いホラーかも知れません。
…まだ書き出してないけど; 構想は出来てるのでまぁ、間違いなく書けるとは思うのですが。

一冊は上述の短篇で、もう一冊は写真+散文つーか短歌もどきのヴィジュアル本のセットです。
豆本本体は出来てませんが函とか包装紙の準備は出来てます(駄目じゃん)。

数は多分、多くても8~10セットになると思います。
果てしなく愛らしい見掛け、なのに果てしなくグロなゴス系(予定)を目指して毎晩格闘しております(私の一日の製作時間は多く取れて2時間もない…そうして私の書く小説は見事に鬱な気分が味わえる痛い文章です…つか、文字みっしり…)。
とある作家の、とある作品へのオマージュでもあります。ちなみにそのまま贈答品としてお持ち帰り頂ける様、半分は梱包した状態にして納品する予定です。


…ほーら、此処まで書いちゃったら後には引けないぞー(自虐的)?


それ以外に予定してるのは、鉱物+短篇のマカロン豆本を幾つか。先だって作成した鉱物豆本を別な方向で解体して再利用。これは多くても5種x2、3個…がくん、と種類は減るかもですが; 頑張ります。

後は名刺サイズの映画か古典芸能の鑑賞感想系。ぶっちゃけヲタな代物です(すげーセレクトが偏向してます)。


蔵書票は…何か作れたらいいですね(他人事)。
あと、ふくまめさんでは手描きのショボいペーパーしか付けられなかったので、今回はちゃんと普通に配布出来るようなペーパーを作りたい…あと約100日しかないのに出来るんだろうか;

まぁ、そんな方向で血反吐吐きながら夜なべしております…仮にイベントで売れ残ってもネットで販売とかはしないと思う(技術も時間も管理も出来ない;)。

イベントに運ばれる方は話のタネにでも覗いてやって下さいね。
見本とか出来上がれば、また記事に掲載します(少なくともイベント直前には紹介記事載せます)。


…さ、作業に戻ろーっと。

[PR]
by yoiyamigentoukyou | 2008-06-26 02:15 | 豆本ー影酔堂ー
前へ、ずっとずっと先の未知へ The Birthday Black Royal 12 nights@BIG CAT
20080604 The Birthday Black Royal 12 nights@BIG CAT

演奏曲(多分。なんか抜けてる気もする…順番よー判らん)≫
 6つ数えて火をつけろ(新曲)
 モンキーによろしく
 バブスチカ
 NIGHT LINE
(ここまでは確実なはず)
 LUCCA(新曲)
 BABY TONIGHT(「ベイビー、今夜は逃げようぜ!」)
 FUGITIVE
 DISTORTION

 新曲(jonny boyに語り掛けるような曲。[SHINE]?)
 PARTY PEOPLE(新曲。これもコール有り)
 KIKI(タイトルコール有り)
 プレスファクトリー
 シャチ
(どっかでBIG CATって言ってなかったっけ?)
 アリシア(音源通り。最後のラララ、めちゃ長かった。ヘドバンしてごめん)
 E/メキシコ
  stupit
(替えは「BIG CATの腹の中か」)
  新曲(なんか、[涙こぼれそう]? というとか。めさ良い曲)
  ALRIGHT(客電はフェイントか?)


めっさ良いライヴでした!
大猫さー、最前しか柵ないから予測出来なくてかなり後方から観てたんだよねー…結構ストレスだった(贅沢)。つっても中程の位置だったんで、前から12,3列とかかなー?

とまれ4曲目で意識無くして運ばれてた男性居たし、終盤も虚ろな眼差しで下がった女性とか居たから結構前方はヤバかったのかも。個人的にはチバとハルキさえ見えればいい。


・チバMC
「BIG CAT、初めてなんだよね」(客席から「ようこそー」)
「…でっかい猫(笑顔)」

・キュウちゃんMC
「お好み焼き・たこ焼き以外の大阪の食べ物って無いの?」
(客席から「串カツー」「いか焼き(複数)」)
「それも粉モンじゃん」

・衣装
キュウちゃん全く見えなかったんで不明。イマイさんは偶にキャップ被ってた。多分いつもと一緒かと(下手住人なんで判らん)。
チバしゃ黒ジャケ、イン不明。ハルキも黒。つーか二人ともシルエットだと区別付かん(笑)。但し中盤過ぎるとチバさんの髪は汗で巻きが弱まるので差が生じる。


新曲いっぱいのライヴでした。もう一曲くらい新曲あった気もするけど判りません!
限定CDも無事に買えました。つか物販開始の一時間前から張り付いてたんですが、下の階のIDから何回かNOIZのクリップ曲流れてて気になって仕方なかった。

今日聴いた新曲はどれも好きな感じ。来月のミニが楽しみ。
ていうかハルキの成長が楽しくて仕方ない(※ハルキは愚弟と同年齢なので、どうしても心境がオカン目線になる…)。

ハルキ、たまにはハルキコールにも応えておくれ(いや、チラっと視線飛ばしてたけどさ)。「今日はマイクあるよ」とか声掛かってたね。

とまれ今日は何回か只ひたすらにベース音だけを聴いてる瞬間があって、チバの声すら聴こえてない刹那もあって自分で自分に吃驚する(私はムックのゆけさんも結構ベースラインが綺麗だと思ってるけど、それでも見事にウドベ以外聞分け出来ないくらいの楽器音痴だ)。

あと…ALRIGHTの「22発」の意味がやっと判った。帰り掛けてて慌てて戻ったんで凄い遠くから聴いたけど、お客さんで指で「2」を掲げてる人が居て。それ見て「あ、ラヴ&ピースで22か!」と理解した(自己満な、ね)。チバさんの言葉はそういう部分も含めて訴求力があると思う。


取り敢えず、そんな感じ。
もう遅いんで気が向いたら修正しまーす。

[PR]
by yoiyamigentoukyou | 2008-06-05 01:00 | The Birthday
京都薪能に行って来た。
b0142526_1373399.jpgこの興行、開催を知ってから何年も経ってるんだけど、何故か毎回平日だったり、(今の勤務先に変わってからも)すかーんと忘れて勤務シフトにしてたりして行けなかったんですよね。

今年もやっぱり忘却してたんですが、偶々6月1日がお休みになりまして。「なんか、薪能やってなかったっけ?」とか思って検索してみたらギリまで前売りあるのを発見。
京都は隣府とは言え、結構時間も交通費も掛かるので、天候が悪いなら難しいなーとか思ってたんですが、晴れ、とのことだったので2日前に前売り買いまして運んで来ました。

…楽しみだったんですけど、前日から頭痛・肩凝り・嘔吐感に悩まされ、結局それを引き摺ったまま13時半に平安神宮へ到着。開場は16時半…いつもの如く一人で待ち続けるのは正直疲れるのですが(しかも今日は屋外だし)、なんか、ライヴで鍛えられてしまったようで存外平気だったかな? とまれ流石に早かったようで30番目くらいだった(つまり開演まで含めると4時間ただ並んでいた計算になる。土産一つ買ってない…)。

開場直前に列を移動して(第一弾の入場対象だったんで)、初めて神宮前にずらーーーっと人が並んでたのを知った。凄い人の数…でもスペースの差か大阪城薪能の半分くらいの印象を受けました(京都は完売で3000人程度でしたっけ? 大阪城のは多ければ5000人越えるからなー)。

待機の間に回ってきた売り子さんからパンフは買っていたのですが、この入場直前で逸平さんが売り子してて。で、みんなサインして貰ってるのが羨ましくて。
何故か後2mくらいで近くに来る…って段階で逆の方向に行ってしまわれて(苦笑)。悩んだ末、自分から近くに伺ってご署名頂きました。2度目のサイン(でも1度目の時は誰だかよく判ってないまま頂いたものだったし;)。本当、ご無理言いまして済みませんでした。でも嬉しかったです(声掛けたりサイン頂いたり…の最中は平気なんだけど、総て終わって我に返ってから物凄く足が震えたりするんだよな;)。


取り敢えず正面席下手側4列目にて観能させて頂きました。
薪能は最前行くと煙い。且つ撮影隊の動きに気を取られてしまうので、狙い通りに近くて良かったかなーと(もちっと中央に行きたかったけど)。

もぎりの処で茂さん(のはずだ)発見。あと見所であきらさんと丸石さんかな、靴袋を配ってはりました。能楽師さんは福王さんとか梅若さんとか、過去に拝見したことのある人くらいしか見分けられないので、今回の出演の方々は全く知らない方ばかりでしたので、スタッフされてたのかも不明(や、流石に金剛宗家とか片山さんとかは判るけど)。


本当いうと2日目のラインナップの方が見たい演目多かったんですが([葵上]、本当に見たかった…[おばんと光君]も…うう)、こればっかりは仕方ないですし。でも久々に千作さんを拝見出来て幸せでしたv 舞台にちまっと座していらっしゃるだけで、ほわーっと嬉しくなる(つか、千作さん以外、配役が変わってたようだったんですが; 忠三郎さんどうしたのかな…冠者やってはったのは息子さんの良暢くんですよね?)。

感想はまた、気が向いたら改めますが。
取り敢えず、新作能[紅葉賀]は何故に直面だったんだろう? という謎は残る(いや、パンフの舞台演習の写真は公達なのかな、面被ってはるんですよね。長髪の鬘も付けてはるんですよ)。 

…観世・金剛両家の面が並べると違和感とかあったのだろうか? 単純に視界の問題で止めたんだろうか? 頭中将に扮する片山さんは若いから雰囲気あったのですが…うう、金剛宗家の扮する光源氏が貫禄あり過ぎで違和感が(済みません); 確かにパンフ見ても凄い珍しいくらいの面だらけの舞台だけれど;
2日はどうなるのかな? 何となく明日は面ありのような気もする。つか、面はある方がいい(どうしても目線は動くじゃん、他のパーツは静止してても)。


しかし、都合8時間くらい地べたに近い状況に座していたので凄まじく首が痛いです; 大阪城は芝の上だから、こんなに疲れはしないんだけどな;
来年は両日見たいなぁ…でもきっと覚えてられない気がします。とまれ、参加された皆様、お疲れ様でした。運営サイドはもう一日、頑張って下さい。

[PR]
by yoiyamigentoukyou | 2008-06-02 01:39 | 能とか狂言とか歌舞伎とか