人気ブログランキング |
正義と遣り切れなさと  浪花阿呆鴉@大阪新歌舞伎座
20130911 浪花阿呆鴉@大阪新歌舞伎座


月乃助さんに名前を改められてから初めて拝見する、元・段ちゃんの舞台…長かった…以前に拝見した時はやや面窶れされていて、膝も相当に辛そうな頃だったので、本日お元気そうなお姿を見て本当に嬉しかったです。

正直、粗筋ちょろっと、他に出てるのが早乙女太一、脚本が横内さん…という前情報しか持ってなかったので、出演されている数多の若手イケメン俳優さんたちのことを全く存じないままに運んだのですが、皆さんにきちんと背景と見せ場があり、遣り切れなさと胸苦しさを残しつつもとても上質な青春群像劇に仕上がっていたと思います。

…まぁ、スーパー歌舞伎+新感線…の簡易版…的印象は否めませんでしたが(もうそこは仕方無い。というか私、今年の舞台全部イロモノ…)、兎にも角にも役者が若い! イケメン一杯! 眼福(苦笑)!


開場待ちの時から通常の歌舞伎とは客層が違ってて、入り口のパネルは皆、太一くんしか撮影してないという状況…段ちゃんに会いに来た私はアウェイか? と一人寂しく思っていましたが、大向こうがあったのでちょっと救われました。

段ちゃん、チャリを漕ぐ姿も美しく、望外に短いながらも殺陣もあり、裁きの様相も凛々しく…15歳くらい若ければ今回の載寧さんの役柄、きっと映えただろうなぁ…とか思ってたり(月代姿、あんまり好きじゃないんだもん…髪欲しい)。

太一くんは生で拝すのは初めてでしたが、兎に角殺陣が迅い。やはり抜きん出て流麗な動きで」した。個人的に扮装はイマイチ…銀髪よりも黒髪の方が太一くんの顔立ちを際立たせると思うんだけどなぁ; 

猿琉さんも悪役、ちょっと弱かったけどインパクトはありました。屋台崩しとか仏倒れとか、歌舞伎要素と現代様式の融合はさすが横内さんの仕事という感じです…チャリはどうしてもダサいんですが(苦笑)、凄く上手くメインの役者さんのカラーに合わせて用いられていて、面白い道具立てだと思いました(でもママチャリ…)。


歌舞伎役者で配役振るなら、お露ちゃんは梅丸くんかなぁ…とか、田中さんのまっすぐな青年には巳之助さんとか似合うかなぁ…とか、そんな妄想も重ねつつ、時に半泣きになりながら、どんなに撓められ歪められても尚、己にまっすぐに行きようとする真摯な愛すべき阿呆たちの生き様を見させて頂きました。


しかし、段ちゃん観に行ったはずなのに気付くとかなりの確率で目が追っていたのは載寧さんですね!
姿勢が美しいし、口跡もいいし、兎に角物凄く凛々しくて美丈夫すぎました。
パンフの写真は何方も加工が凄いのが勿体無い…十手持ちの姿の時が好きだったので、パンフにその縁が無いのが無念ですorz

…時間が合うならもう一回運びたい…でももう休みが合わない(屍)。
かなり空席が目立ってたのが残念というか勿体無い…でも若年層にも届く作りにしてるせいか、結構露骨な下ネタとか、褌しめた生尻イケメンの群(配役欄の「ふんどし」って何? とか思ってたら、確かにそうとしか説明出来なかった)とか…うーん、ちょっと露悪過ぎるかなぁと敬遠する向きもあるのは否めないかなぁ;

仮花にも役者さん来るし、舞台の疾走感とか、転換のもたつきも無いし、良い舞台だと思うんですけどねぇ…私、前方の通路側だったので、横に法月さん居て吃驚したし(苦笑)。


結局、市政を騒がし、悪人とはいえ多くの人を死傷し混乱させたことの、御法の見せしめとして彼らは裁かれるのですが、己の信念に従い、きちんと生き抜いたという自負と誇りと絆の深さを抱いて死出の花道を往く晴れやかな表情に、遣る瀬無さは拭えなかったけど救われたエンディングではありました。

迷ってる方、是非運ばれるといいかと思います。
ほぼ全編、現代語なのでわかりやすいですし、色んな劇団所属の人が見れて楽しいですよ。

by yoiyamigentoukyou | 2013-09-12 01:56 | 能とか狂言とか歌舞伎とか