踊り狂って前進しろ 20070930 The Birthday looking For The Lost Teardrops Tour
20070930 The Birthday looking For The Lost Teardrops Tour@神戸WYNTERLAND

超空調悪(苦笑)、噂以上のサウナっぷり。
自分も大概汗かきですが、来てた客のほとんどが上半身ずぶ濡れでしたよ? チバさんも滝だったけど;


実は今回のアルバム、3回くらいしか聴いてなかったんですが、結構覚えてた。やっと生でオオカミ聴けた! めさ恰好良かった…相変わらず地獄のような押し合いの中で、どうにかこうにか見て来たのですが。

最後尾あたりでまたーり、とか思ってたけど。
ものっそ段差も何もねーハコ。タッパ無い自分にゃ無理、あんなけ背の高い兄ちゃん揃ってる客席だぜ? 諦めて激下手5列くらいに立つ。開演前に2回スタから詰めろ宣言。ついでに前の兄ちゃんが友達呼んだ為に一層壁状態(嫌がらせか?)。
毎度のことですが、何か見掛けが弱そうに見えるせいか、やったら乗られるのな、後ろから。どかないけどね、これでももっと酷い圧迫ヴィジュじゃ受けてるしね(でも肘は止めて、ほんとに苦しい;)。
つーか、下手は直ぐ隣にドリンクバーあったんで、てっきり逆L字(伝わらん;)の感じの鉤型の柵かと思ってたんですよね…アンコールの直前で物凄い押しにあって、逃げてたら何か足許にちょっとした段差があって気付いたらチバとハルキの間2.5列目に居りました…最前柵、一直線だったんすね(結構ステージと間隔あったんやね、吃驚した);

…道理で途中からチバが見えるようになったはずだ(開始直後はハルキだけが辛うじて見えるだけだった)。
チバさん黒のジャケに黒地にちょこっと花の散ったシャツ。開襟してたけど余り肌は見えず(ついでにメダイもあんま見えなかった)。アンコールの時はジャケ脱いでました。後方のお客さんから「チバさんお洒落ー」って声が飛んでました。

イマイさん相変わらずライダース。時々キャップ被ってた。キュウちゃん捌ける時とかアンコールの時にちらっと見えただけで衣装記憶になし。ハルキは腰パンじゃ無くなってた…スーツでしたね。前広げててインのカットソー見えてた。黒なんだけど、襟刳りだけ細く白でラインになってて、センターにちょっと切り込みがあってメダイが揺れてました。アンコールの時は上着だけ脱いでた。

…割と前半の方で誰か霧吹いた気がしたんですが…単に客が頭振った時の水滴を見ただけなんだろうか?


あんまアテにならないような…薄い記憶のセトリ。多分抜けてないとは思う…

 LUST
 バブスチカ
 LOVERS
 オオカミのノド
 プレスファクトリー
(ここ2曲逆かも)
 LAZY SUBMARIN
 シャチ
 STRIPPER
 ジェリーの夢
 タランチュラ
 モンキーによろしく
(ここ2曲も位置怪しい)
 BABY TONIGHT
 ALRIGHT
 NIGHT LINE
 stupid
 アリシア
 KAMINARI TODAY

 E/MEXICO
  NUDE RIDER
  ハレルヤ



丁度、開演前の物販開始の時に会場に着いたんです(話戻りすぎ)。リハの音かな、LAZYのメロディが聴こえてた(ように自分には思われた)。
開始前から圧縮掛かっては居たんですが、それでも暗転すると凄い押し。オオカミ位まで本当にステージ碌に見えなくて(人の頭の隙間から微妙にチバさんの肩だけが見えるとか、ギターだけが見えるとか;)。

LUSTは穏やかな諦観を感じる曲だったので、これで開始っていうのがちょっと驚きでした。そんでもってハルキ。あんなに髪が短くなってるとか思わなくて。

後からインタビュー読んだから、余計に昨年の京都での彼の記憶と較べてしまうからかも知れないけど、ほんと馴染んだなぁって思いました。思えば去年の磔磔、あんなに呆気無くステージから去って行ったのは悩んでたからだったんだ…ってインタ読んで得心したことを不図思い出して。
表情がちゃんと見えるってさ、やっぱ与える印象は相当変わる。音のこと、楽器とか曲のテクニカルなことは判らないけど、やっぱりメンバーが笑顔でない(もしくは良いと思えてない)ライヴって反芻する時凄く苦いから。

だから笑うチバが居る、このバンドはいいんだと思う。
TMGEは今でも好き。それは多分、BUCK-TICKが一番好きだけどそれ以上にLucyが堪らなくイイ、という矛盾と同じなんだと思う(個人的に)。

少し前、聴覚を一時的に失ってしまう前。
私は全然、ライヴには興味のない人間だったし、情報にも貪欲では無かった。だから移籍もあっちゃんの入院とか手術とかも知らなかった(むしろ活動がないことにすら気付いて居なかった)。
空気と一緒だった…在るのが当たり前で。聴覚と一緒でそれが簡単に「無くなる」ものなんだって判らなかった。

いちいち自分の後ろにちゃんと影が出来てるかなんて、確かめたりしないじゃん、普通。そんな感じだったんですよ、音楽も何もかも。だから普通、ライヴにも行かなくなるような20代も半ばを過ぎてから貪欲に情報を求めるようになったしライヴだって依存症かよ、って勢いで運び始めて。

どんだけ前しか意識してなくったって、確実に影は在る。足許には何時だって奈落が開いてる。
自覚するとさ、意識し始めるとさ…一歩踏み出すのだって良く考えたら未知でこわい。

…うん、だから。
何かね、バスデはいいと思うんよ。いい具合に感傷と諦観が開き直りに向かってて。メンバーも歳取る分、運ぶ客側だって歳喰う訳で(笑)。


別段、そんなコト考えながらアクト見てる訳じゃないですけど(それ処じゃねー)…ハルキはいい絆を結べたなぁ、とちょっと思いはした。辞めないで、逃げないで留まってくれて本当に良かったと思う。



LOVERSは絶叫するチバが見たかったんですが、全然見えなくて軽く凹む。聴くだけでもかなり迫るけど…オオカミ(あ、やっぱプレスのが先かも)はもう、前ツアの中継の時から凄く生で聴きたくって仕方なかったので、本当楽しかった。結構ちょこちょこ、チバさんハルキと向き合って弾いてたり頷いてたりして、年齢とかキャリアとか関係なく信頼してんだなーって。

プレスは本当、いい曲だと思う。ゆったり聴きたかったけどな(苦笑)、意外に押されました; シャチは相変わらず押せ押せで狂乱。流石は"純粋な欲望"。

STRIPPERジェリーは気に入ってたんで聴けて良かった。結構各地でセトリ違うのかな? ALRIGHTも好きだし、神戸のセトリは個人的には凄く満足。あ、でも[JOIN]聴きたかったかな。

しかしハルキのベースは本当…運指が凄いな。指が長いから見てて飽きないよね。stupidの換え歌詞は「ウインターランドの腹の中か」でした。
さて、本編ラストの雷鳴。直前のMCは唐突に「昔々、」で始まり。何だ何だとばかりに一斉に注視するオーディエンス、対してチバ氏はあんまり練って無かったんだろうなぁ…「お侍さんが居て…」って言いながら既に破顔していた(笑)。

態勢を立て直すかのように「おしまいっ!」と放って演奏へ。色々と匂わす曲だなぁ、雷鳴
そう言えば何処でかは忘れたけど、抱えられて救出されてた子、大丈夫だったんだろうか?


アンコール。
キュウちゃんが一番に戻って来て、イマイさん、ハルキ、チバと続々と。なんかチバ言ってたけど忘れたなぁ…曲に移る時に、淡々と「そんで、お侍さんがさぁ」とネタを引き戻してました。隣でイマイさんが仰け反っていた。客も心の中でコケてただろう(おしまいじゃなかったんかいっ)。
MEXICO…なんか、チバさんかなりギリまで前進してた気がする。

また退けて再び登場。今回のハレルヤはシンプルに始まったけど、曲の前にチバさん、両腕を上げて少し、ゆらゆらと微妙な動きをしていました…踊りたかったんだろうか? 
心で誰かタンバリン持って来てーっとか思ったりしてました、ごめんなさい。


挟まってた箇所が記憶にないんで、以下はそのまま残しておきます。
神戸はキュウちゃん絡みのトークしか無かったかも。
「今日が誕生日の人って居ます?」に後方あたりで挙手。「ホントかよ? 嘘言ってんじゃねーの? ま、おめでとうございます」

後は何だ…「言っちゃ何だけどさ、この辺って肉ばっかだよね…神戸牛」の後にお客さんから「神戸ワイン飲んだ? 神戸ワインあるよ」って言われて。キュウちゃん、「お前もう後からでいいよ。友達かよ」って苦笑してた。

ピックありがとーってお客さん言ってたのは、チバに対してだったかイマイさんに対してだったのかは忘れました。「イマイさんセクシー」とか「兄貴もセクシー」とか(笑)。

あ、キュウちゃんの本も物販にあって、「本買ったよー」って声も上がってました。ま、MCは相変わらず少ないけど。

今回物販にはピックがあって、結構買ってる人多かった。複数枚買ってった人はギター弾く人なのかな? 私も一枚だけ買いました。帰宅して落ち着いてから紙に包んで、ミヤくんからイベントで貰ったピックとかKiyoshiさんのピックとかと一緒に保管。


物凄い暑かったけど、凄くいいライヴでした。
やっぱバスデはこの位のキャパがいい。何でだか地元大阪のZeppには食指が動かないんだよなー…他のバンドだと大きいハコも平気なんだけどな。

[クローズ]には何の曲が使われるんですかね? 元から映画行く予定だったけど、更に楽しみが増えたー。

[PR]
by yoiyamigentoukyou | 2007-10-01 02:33 | The Birthday